留まることは退歩である

留まることは退歩である

とは武蔵野の小山さんの言葉。
そしてそれを人事評価にしっかり
組み込まれているのがすごいなと
感じています。

弊社でもここ2ヶ月ほど昨年より
は1段上に登ることができているな
と感じています。去年までですと
そもそも10月くらいにようやく1段
上に上がり、しばらくそこに留まる
というパターンでした。

今年はあえてもう一段昇ることを
意思決定しました。普通に試算すると
今の力でもあと2段くらいは登れるなと
個人的には感じています。しかし私が
感じたら登れるというものでもありま
せん。

古江さんが感じ、マーケティングチーム
が感じさせ、営業、コンサル、そしてCS
、財務、人事が感じていってようやく
登ることができるんでしょう。

どれだけ早く登れるイメージを共有できるか
で登れるかどうかが決まります。

留まることは退歩である。

今のペースは驚異的ですがまだまだポテン
シャルはあります。
今年はもう一段登れることの共有を

「あっさりしつこく」

やれたらなと思います。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1504

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2014年7月 2日 23:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「組織プロフィールで共有度を測ってみる」です。

次のブログ記事は「まずは繰り返して上手くなることを重視する」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ