環境整備は効率にするだけじゃない

今日は武蔵野様の実践経営塾第2講に参加
しています。
矢嶋漫談を聞かせていただきました。
改めての気づき。

環境整備で効率にした時間、資源を何に使うのか?

それはお客様への対応、お客様との接点
だということです。

弊社でも効率的な仕事を目指していますが
実際空いた時間をどう使うかは考えられて
いませんでした。
しっかり作業を効率的にすると同時にお客
様への対応をどうしていくかもっと考える
必要があるなと感じました。

しかも全てのお客様の対応を増やすのではなく
会社の方針(最重要、重要)に基づいた対応の
メリハリがいるなと思いました。

つまり人と時間の環境整備であり整頓なんで
しょう。

お客様への対応以外の時間を更に効率化し
会社の方針に基づく対応すべき部分に関して
時間と資源を割けるようにしていければと思
います。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1502

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2014年6月30日 23:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「強くなるチームのオフザゲーム」です。

次のブログ記事は「組織プロフィールで共有度を測ってみる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ