強くなるチームのオフザゲーム

梅雨晴れな日曜日。
終日上の息子のサッカー観戦でした。
梅雨時と言っても暑く見ているだけで
熱射病になりそうな中、子どもたちは
よく走ってよく動いているなと思います。

5試合で5勝。21得点。今日もしっかり勝
ってくれました。

強いことで名前が通っているあるチーム。
今日はそのチームにもなんとか勝つことが
出来ましたが今後はわからないなと思う事
がありました。

そのチームは戦術板(というんでしょうかね)
を使って事前に作戦を練り、終わった後も
泣く子供もいる中で試合の振り返りを戦術板
を使ってやっていました。

ただ勝った、負けただけのチームと仮設を立て
試合に望み、結果を振り返っているチームで
どちらが強くなるかと言われたら確実に後者
でしょう。
まだ飛び抜けた選手は見当たりませんでしたが
同年代でこれからも対戦していく中でどうなるか
逆に注目したいと思います。

もう1点の気づき
試合は12分ハーフと眺めながらもほとんどは待ち
時間です。待ち時間をどうしているかでチーム
の強さをなんとなく感じれるなと思います。

自由に遊ばせているチーム
マーカーでドリブル練習をさせているチーム
鳥かごをしているチーム
パス練習をしているチーム

少なくても自由に遊ばせているチームが強いこと
がないのは確かです。

仕事的な言葉で言えば

「子どもたちの整頓」

ではないかと思います。時間を持て余す子どもたち。
それを自由にしてしまっているのはコーチです。
試合以外の時間をどうするか整頓できていれば
今は強くなくても未来に強くなることが出きます。
また熱い中でのペース配分も整頓されている必要が
あるでしょう。

当たり前ですが、強いチームはオフザゲームで何を
しているかなんでしょう。

オンへの視点からもっとオフへの視点に切り替えてい
きます。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1501

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2014年6月29日 23:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「勝つチームとは」です。

次のブログ記事は「環境整備は効率にするだけじゃない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ