選択と集中の威力

先月から実は販促予算を絞ってみた。
過去に販促予算を絞ったのはもしかしたら
リーマン・ショックの時かもしれない。

な、なのに4月の数字は3月よりも良い。
5月はまだ明日まであるが3月よりも
良いことは決定。さらに明日もまだまだ
ポテンシャルがある状態だ。

なぜ予算を絞ったのに数次は上がったんだろう。

販促予算を絞るのは正直怖かった。
しかし絞ってみた。
理由は2つ。

1つは単純に資金的な収支を合わせるためだ。
おかげさまで拡大期が4年くらい続いている。
一方で恥ずかしい話だが様々な費用がかさみ、
月々の資金収支がなかなか整わなかった。
いつか整うだろうと3年間放ったらかしだったが
武蔵野の小山さんの本(どれか忘れた、もしか
したら心得かな・・・)で

赤字は社長の甘え。
社長がそれで良いと決定したから赤字になる。

的なことが書かれていたのを見た。
私も甘えてるのかもしれない。いつかいつかでは
なく今。今年中ではなく今月。今月が無理なら少
なくてもシュミレーションを組み早期に月次収支が
整うところを予測させる。

そして経費を一から全て見直していった。
その一環で販促予算も絞ったのだ。

そしてもう一つの理由も結局小山さんなんだが、
3月ころの現地見学会で私も相談させてもらえた。
そこで販促について相談した時に

「もう山口さんはすぐに色んな所に気が入っちゃう
んだから。だめだめ、選択と集中」

的な言葉を頂いた。
頂いた時は返事をしながらも

「そうは言っても小山さん、販促費はやっぱ削っ
ちゃダメなんじゃないの。お客様増やせなくなっ
ちゃうし」

と心のなかで思いながらも、まあお金もないし
調達出来てるけど合わせなきゃいけないし、一回
絞ってみるか。。。

そんなきっかけで恐る恐るながらも大胆に絞る指示
をした。なんと予算は6掛けにした。
ただし伸びているところは削らなかった。
最近伸び悩んでいるところも完全にやめてしまわず
継続しながらも頻度を減らした。
また効果がわかりにくい活動を減らした。

結果
なんと

4月:過去最高に並ぶお客様増加
5月:まだ明日を残しているが過去最高に並ぶ勢い

6月以降も見てみないとわからないし、一方で
テレアポの二人も相当気合を入れてくれているし
営業のロープレも定例的に行われ、営業力が上がっ
てきているのもあるが、全く問題なく数字が推移し
ている(満足はしていないがw)。

去年掛けてた販促費は何だったんだろ。。。と正直
思ってしまった。

すぐに気持ちが拡散してしまう私にとって

選択と集中

は大事な言葉だなと感じた。
そもそも能力がないんだからいろいろなんてやれない
わけだし。

日々選択と集中を意識します。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1470

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2014年5月29日 22:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「視点をさらに磨きベンチマークのレベルを上げる」です。

次のブログ記事は「使うことに拘る」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ