視点をさらに磨きベンチマークのレベルを上げる

「今日の現地見学会、どうでしたか?」

毎月恒例となりつつある現地見学会に従業員2人
を連れて参加させて頂いてきた。現地見学会終了後
の振り返りで参加した一人に上記の質問を投げかけ
てみた。すると

「うちの環境整備ってかなりパクれていると思います。」

との回答。
本当にパクれていれば喜ばしいことだが、私は過信しないし
決してパクれているとは思えていない。具体的に違い
があるかと言われると挙げていくのは難しいが、少なくても
私は毎回気づきがあり、違いを感じている。

それとホームページを制作させている従業員とベンチマーク
サイトを決めて制作をさせた時に制作者からすればしっかり
ベンチマークしているようでいて、私から見ると全然ベンチ
マークできていないと感じることが多々あるからだ。

確かに弊社の従業員は意識も高いし、真面目で、素直だなと
感じる。みんなよくやってくれている。不順な動機がなくても
どんどんやってもらえることも多々ある。

しかし何十年もやり続けられている環境整備をたった1年で
パクり切れるほど環境整備の底は浅くないと思っている。
まだまだ視点が持てていないだけだ。

少しプラスに捉えていくと環境整備を推し進められる余地が
多々あり、弊社が強かな会社になるポテンシャルは相当ある
と言える。

できていると思ったらそこから先はなくなる。
何十年もされている環境整備をこれからあっさりしつこく
視点を磨き、さらに強かな会社にできたらと思う。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1469

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2014年5月28日 21:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「自分なり、東京なり、大阪なりに対策」です。

次のブログ記事は「選択と集中の威力」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ