実験動物化

「ホームページをベンチマークする
 ために見ていたらだんだん商品
 が魅力的に見えてきて思わず
 ポチッとお試し商品を買ってしま
 いました。」

弊社のウェブ担当者の昨日のコメント。
すごい喜ばしい、みんなが見習うべき行
動だなと思う。

どれだけ自分を実験動物化できるか?

それが社会人になって楽しく仕事をする
コツの一つじゃないかと思う。
少しマジメ気味な実験動物の課題としては
以下の様なものがある。
・本気で仕事をしてみたらどこまで年収は上がるのか?
・年収1000万を目指したらいけるのか?
・ひたすらわがままな商品を発想したら
 できるのか?
・勉強しまくったら年収が上がるだろうか
・年収1億って行けるんだろうか

不真面目なところで行くと
・中村アンに繋がろうと真剣に画策したら
 繋がれるか?
とか。

軽めの人体実験としてはうちのウェブ担当のように
・なぜ私はこの商品を欲しくなちゃったんだろう
と実際に商品を買ってみて検証するとか。

身銭を切り、自分を実験動物にし試していく。

私もプライベートでやっているのは息子を
実験動物化して検証している、というと
なんかすごい悪い親に聞こえるが、息子が
プロサッカー選手になりたいといったことを
真に受けて手間とお金と情熱をかけてやったら
スポーツ選手でも何でもない親の子がなれるか
試してみている。

まだまだ自分を実験動物にする機会が少ない。
もっと自分を実験動物としてどんどん試します。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1461

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2014年5月20日 22:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ダラダラしてしまってるなと思ったら」です。

次のブログ記事は「ミス記念日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ