2014年5月アーカイブ

経営計画書が毎月厚くなる。
印刷してしまっているが、期の
中でもどんどん改定される。
改定された部分を今の経営計画書
に貼り付けるのでどんどん厚く
なってしまう。

数えると今年に入ってから26ページ
改定された。

正直見た目は汚い。持ちにくい。
しかし運用しているからこそ改定される。

改定されて厚くなった経営計画書ほど
愛着も湧く。

今年はまだ5月、残り7ヶ月。
きれいにしておくことではなく、使う
事に拘っていきたい。

よし!やるだけ!

先月から実は販促予算を絞ってみた。
過去に販促予算を絞ったのはもしかしたら
リーマン・ショックの時かもしれない。

な、なのに4月の数字は3月よりも良い。
5月はまだ明日まであるが3月よりも
良いことは決定。さらに明日もまだまだ
ポテンシャルがある状態だ。

なぜ予算を絞ったのに数次は上がったんだろう。

販促予算を絞るのは正直怖かった。
しかし絞ってみた。
理由は2つ。

1つは単純に資金的な収支を合わせるためだ。
おかげさまで拡大期が4年くらい続いている。
一方で恥ずかしい話だが様々な費用がかさみ、
月々の資金収支がなかなか整わなかった。
いつか整うだろうと3年間放ったらかしだったが
武蔵野の小山さんの本(どれか忘れた、もしか
したら心得かな・・・)で

赤字は社長の甘え。
社長がそれで良いと決定したから赤字になる。

的なことが書かれていたのを見た。
私も甘えてるのかもしれない。いつかいつかでは
なく今。今年中ではなく今月。今月が無理なら少
なくてもシュミレーションを組み早期に月次収支が
整うところを予測させる。

そして経費を一から全て見直していった。
その一環で販促予算も絞ったのだ。

そしてもう一つの理由も結局小山さんなんだが、
3月ころの現地見学会で私も相談させてもらえた。
そこで販促について相談した時に

「もう山口さんはすぐに色んな所に気が入っちゃう
んだから。だめだめ、選択と集中」

的な言葉を頂いた。
頂いた時は返事をしながらも

「そうは言っても小山さん、販促費はやっぱ削っ
ちゃダメなんじゃないの。お客様増やせなくなっ
ちゃうし」

と心のなかで思いながらも、まあお金もないし
調達出来てるけど合わせなきゃいけないし、一回
絞ってみるか。。。

そんなきっかけで恐る恐るながらも大胆に絞る指示
をした。なんと予算は6掛けにした。
ただし伸びているところは削らなかった。
最近伸び悩んでいるところも完全にやめてしまわず
継続しながらも頻度を減らした。
また効果がわかりにくい活動を減らした。

結果
なんと

4月:過去最高に並ぶお客様増加
5月:まだ明日を残しているが過去最高に並ぶ勢い

6月以降も見てみないとわからないし、一方で
テレアポの二人も相当気合を入れてくれているし
営業のロープレも定例的に行われ、営業力が上がっ
てきているのもあるが、全く問題なく数字が推移し
ている(満足はしていないがw)。

去年掛けてた販促費は何だったんだろ。。。と正直
思ってしまった。

すぐに気持ちが拡散してしまう私にとって

選択と集中

は大事な言葉だなと感じた。
そもそも能力がないんだからいろいろなんてやれない
わけだし。

日々選択と集中を意識します。

よし!やるだけ!
「今日の現地見学会、どうでしたか?」

毎月恒例となりつつある現地見学会に従業員2人
を連れて参加させて頂いてきた。現地見学会終了後
の振り返りで参加した一人に上記の質問を投げかけ
てみた。すると

「うちの環境整備ってかなりパクれていると思います。」

との回答。
本当にパクれていれば喜ばしいことだが、私は過信しないし
決してパクれているとは思えていない。具体的に違い
があるかと言われると挙げていくのは難しいが、少なくても
私は毎回気づきがあり、違いを感じている。

それとホームページを制作させている従業員とベンチマーク
サイトを決めて制作をさせた時に制作者からすればしっかり
ベンチマークしているようでいて、私から見ると全然ベンチ
マークできていないと感じることが多々あるからだ。

確かに弊社の従業員は意識も高いし、真面目で、素直だなと
感じる。みんなよくやってくれている。不順な動機がなくても
どんどんやってもらえることも多々ある。

しかし何十年もやり続けられている環境整備をたった1年で
パクり切れるほど環境整備の底は浅くないと思っている。
まだまだ視点が持てていないだけだ。

少しプラスに捉えていくと環境整備を推し進められる余地が
多々あり、弊社が強かな会社になるポテンシャルは相当ある
と言える。

できていると思ったらそこから先はなくなる。
何十年もされている環境整備をこれからあっさりしつこく
視点を磨き、さらに強かな会社にできたらと思う。

よし!やるだけ!
今日は定例となりつつある環境整備点検日だった。
結果は

大阪:110点/120点
東京:105点/120点

となった。
大阪はオフィス内も広く外は大通り、1階は大型本屋
さん。東京は大阪の1/3の広さで人通りも東京の
1/10くらいだ。

大阪はバックオフィスメンバーが7人
東京はバックオフィスメンバーが2人

一長一短があるのでどちらがやりやすいとかどちら
がやりにくいとかはない。
そういう意味では人間の性格のような所があるかも
しれない。

人の性格でも捉え方で長所にもなり短所にもなる。
あくまでも特徴でしかないということだ。

大事なことは特徴にあった対策を取るということ。
私も私の特徴にあった対策を取っていきたい。

よし!やるだけ!

土曜日の武蔵野様の上期政策勉強会で
小山さんはご自身の健康を大事にする
ことを決定されていた。

私も40代を越えてから薬をのむ機会が
増えた。毎月なんらかの薬を飲んでい
るし、体調が万全という時はほとんど
なくなった。

今や残念ながら私個人の健康は私だけ
が関係するものでなくなっていることも
自覚する必要があるだろう。

そうそう、よく考えると年始には自分の
健康がそれ以外の様々な「達成したいこと」
のボトルネックでありKFSだと認識した
はず。しかしすっかり忘れてしまって
いました。
健康な体に健康な思考が宿る。

今回の上期政策勉強会を通じて健康への
時間とお金の投資をできたらなと思う。

よし!やるだけ!
うちの上の子はお世辞にも脚が速いとはいえない。
はっきり言って遅い。
そして彼も自覚していて劣等感さえ持っている。
サッカーチームでタイムを計測すればいつも
一番遅いタイムだ。

そんな足の遅い彼が今日の運動会では見事に
1位を獲得した。

当然急に足が速くなったわけではない。
本当はちょっと速くなってほしいが今日は
とりあえず1位になるための策を授けた。
結果として1位を獲得することが出来た。

小学生低学年で鈍足でもかけっこで1位になる
のは多分相当簡単だと思っている。そもそも
真剣に考えて親が策を授けることはないだろう。
そしてその策は決して難しいことではなく
人生で一回も考えたことがなく、がんばったこと
がない大阪コンサルメンバーKでもイメージ
することができたくらいだ。

これが小学生低学年のサッカーでも6ヶ月位
あればかなり上手くなり、そこから策を得れば
強いチームになるのと同じではないだろうか。

誰も真剣に勝とうと思っていないところで
勝つのは難しくない。少しだけ真剣に考え
少しだけ事前準備をすれば勝つことができる。
かけっこなら1秒速ければ勝てる。

同じように誰も勝とうと思っていない場が
大人になってもある。大阪コンサルメンバーK
さんが今日やっていた草野球も確かにそうだが
実はビジネス、仕事でもそうだ。
案外真剣にやっている人は少ないと思う。

社内でキャンペーンをやっても発破をかけら
れた人がたいてい優勝する。ある意味出来レース
かもしれない。
ビジネス書も月1冊も読まないビジネスマンが
大半だ。

そんな誰も真剣に仕事してない中で真剣に
仕事をするとはどうするか?
それはまずどうしたら勝てるかを考えることだろう。
そして考えたことを試していく。
10試すつもりで試していけば3つめか4つ目の試みで
大体うまくいく。それくらい簡単だと思う。

そしてだいたいこんなことはビジネス書を
読めば書いてある。しかし誰もやらないから
勝てるのだ。

勝てば勝ち癖がつき、そのうち勘違いして
そしてそのうち真実になる。

明日からもちょっとだけ策を練りちょっとだけ
頑張りたい。

よし!やるだけ!
「道具は使っても使われてはダメ
なんです。家族とスマフォとどっ
ちが大事なんですか?家族の奴隷
になっても道具の奴隷担ってはダ
メです」

武蔵野様の政策勉強会ではっと
させられた。
中毒のように手放せなくなりつつある
スマフォ。家族との大事な時間
を考えず、ついつい触ってしまう
スマフォ。
すっかりスマフォの奴隷になってる
かもしれない。狩りになっていなかっ
たとしても危機感を持っておくこと
は大事じゃないかと感じた。

家族との週末を返上して政策勉強会
に参加したが家族との時間の大事さを
学べたことはむしろ大きかった。

スマフォよりも家族との団欒を優先で
きているか常に考えながら明日は上の
息子の運動会をしっかり応援できれば
と思う。

よし!やるだけ!
昨日山口電材様をパクリーウォーカー
させて頂きました。そして今日から早
速始まったのが、挨拶足あとです。

入口の近くに足型のマークを置き、出社
時、外出時にその足型の上で挨拶してい
くというものです。

これまで挨拶に基準がなかったのですが
足型が出来たことで挨拶に基準ができ
徹底する仕組みが出来ました。

会社の業績に直結する「パクリ」が最高
ですが行動がすぐに変わる「パクリ」は
わかりやすくて好きです。

結局結果は行動の後からしかやって来ません。
どんどん行動を変える改善を推進します。

よし!やるだけ!

中央線沿線のかなり西の駅で降りた。
ぎりぎり東京な場所。
本拠は東池袋にあるつけ麺(?)店の
チェーン?があった。
行動を共にしていたKが言った。

「ここにもTがあるんですね。某L(ファーストフード)
とコラボしてバーガーまで出してますよ。確実に魂
売ってますよね。」

さすが悪口を言わせたら天下一品なK(笑)。
いわゆるボロクソとはこのことかとばかり
ひどい言われようだ。
確かに商売っけを出すと魂を売ってるように
感じる人はいるんだろうと思う。

そういう意味では弊社も魂は既に売りまくってる。
商売としてやらせてもらってるし拡大思考だ。
小さな屋台で終わらそうとはこれっぽっちも
思っていない。

ある程度会社を拡大させて利益をちゃんと出し
給料をしっかり払おうと思うと魂を売る必要はある。

そういうことなら私は喜んで魂を売る。
明日からも魂を売り続けたい。

よし!やるだけ!

今日は彼のミス記念日。
彼からミスの報告を受けることはこれまでなかった。
職種が変わり弊社で手薄な部分の業務をやってもらえ
る事になった。
結果としてお客様とのデリケートなやりとりが増え
私との仕事上の距離も近づいた。
ハラハラする業務が続く中でお客様からクレームを
頂いた。

結果として私に報告が入った。
彼に

「おめでとう、今日はミス記念日だね。クレームを
頂く、ミスをするということは行動したということ
だよ。」

と伝えた。
お客様に御迷惑をかけることは良くないことだが
行動したことを私は評価したい。

お客様へ

私がミスだらけで脇の甘い社長が故、ミスをしてしまう
会社です。ご迷惑をお掛けすることもありますがよりよ
い仕事をさせて頂くべく社内を改善してまいります。
何卒よろしくお願いします。

よし!やるだけ!

「ホームページをベンチマークする
 ために見ていたらだんだん商品
 が魅力的に見えてきて思わず
 ポチッとお試し商品を買ってしま
 いました。」

弊社のウェブ担当者の昨日のコメント。
すごい喜ばしい、みんなが見習うべき行
動だなと思う。

どれだけ自分を実験動物化できるか?

それが社会人になって楽しく仕事をする
コツの一つじゃないかと思う。
少しマジメ気味な実験動物の課題としては
以下の様なものがある。
・本気で仕事をしてみたらどこまで年収は上がるのか?
・年収1000万を目指したらいけるのか?
・ひたすらわがままな商品を発想したら
 できるのか?
・勉強しまくったら年収が上がるだろうか
・年収1億って行けるんだろうか

不真面目なところで行くと
・中村アンに繋がろうと真剣に画策したら
 繋がれるか?
とか。

軽めの人体実験としてはうちのウェブ担当のように
・なぜ私はこの商品を欲しくなちゃったんだろう
と実際に商品を買ってみて検証するとか。

身銭を切り、自分を実験動物にし試していく。

私もプライベートでやっているのは息子を
実験動物化して検証している、というと
なんかすごい悪い親に聞こえるが、息子が
プロサッカー選手になりたいといったことを
真に受けて手間とお金と情熱をかけてやったら
スポーツ選手でも何でもない親の子がなれるか
試してみている。

まだまだ自分を実験動物にする機会が少ない。
もっと自分を実験動物としてどんどん試します。

よし!やるだけ!

「働き始めて変わりました?」

3ヶ月前から働き始めてくださっている
パートさんにランチを食べながらお聞きした。
すると以外な答えが

「ちゃんと家事するようになりました。」

一瞬耳を疑った。どういうことだろうという
ことでもう少し話を掘り下げて聞いてみました。

「明日仕事だなと思ったらキッチンの洗い物とか
ちゃんとしとかないととか、掃除とかもはやめにやって
おかないとって思うようになって先のことを考えて
家事をするようになったんです。それまでは
ダラダラとしていたりしたかもしれません。」

なるほどと思っていたら、もう一人のパートさんも

「わかる!」

と共感していました。
仕事をすることで生活にリズムが出来、
仕事があることを想定すると明日の事を考え、
先にやることを考え、仕事に行くことを考え
ると短時間で済ませる方法を考えるとのこと。

なんとなく仕事をダラダラとしているときは
あえて仕事を詰めてみたり予定をどんどん
詰めていくと逆にメリハリと効率を手に入れる
のかもなと感じました。
そして生活の充実感も感じれるんだろうと
思います。

ダラダラしてしまっているときはあえて
自分を追い込めるようになります。

よし!やるだけ!
週末はここ1年くらい定番の息子のサッカー三昧です。
今日は午後から3試合。
強豪チームが多い中3勝は良かったもののそのうちの
2試合はもうひとつでした。

少し変わったのは2試合目の後半から。
今日来る予定ではなかったコーチが来ていて
急遽ベンチに入ることになりました。
ベンチに入る前は一緒に試合を観戦していて
うちの子に関して最近感じていることを共有
しました。

どうやらすこし譲りすぎている
とのことでした。確かに今日は
ボールの保有率も低いしそもそも
1試合目はシュート0本。当然0点。
ドリブルも一切ありませんでした。

コーチからはパスサッカーだから
と言われ、ある意味素直にパスを出すものの
他の子からはパスは回ってこず(笑)。
逆にアシストはしっかり出来ていました。

それでも良いのですが、譲りすぎていて
プレーが緩慢、どうしても待っている
動作が多くなっていました。

3試合目は私もキツ目のおまじない?を
かけたこともあり、貪欲なプレーで
先日ひさしぶりに負けたチームに3−0
3得点で勝ちました。

パスサッカーだと確かに「俺が俺が」
だけではダメで周りを見てパスを出すことが
求められることでしょう。

一方でパスの受けもままならない中で
パスを出し続け、パスをくることを待って
ポジショニングしていてもパスは
こないしパスも活きてこないなと思います。

かといって一人で持ち込めばよいわけでもなく
一人で強引に持ち込み流れができる時もあります。

譲る気持ちと譲らない気持ち、両方を併せ持つ
必要があるんだろうと思います。

これはサッカーだけでなくてビジネスでも
そうですし社会でもそうでしょう。

どちらかだけではダメなことは確かで
両方保つ必要があり使う場面が大事です。

その辺をサッカーを通じて学んでもらえた
らなと思いますし、私もサポートできたらな
と思います。

よし!やるだけ!

今更なんですが、本当に今更なんですが
ETCを今日はじめて使いました。

便利ですね!

いや本当に今さらですいません。
車を持っていないですし乗る機会
も殆どなかったのですが、最近
息子のサッカーの送迎でちょいちょい
乗るようになりました。といっても
レンタカーです。
乗っていると高速道路に乗る機会
が出てきて、そして今日初めて
使うことになったんです。

運転も下手なくせにわざわざ料金所を使う
と余計に遅くなります。

ETCがあればすーっと言っちゃうわけですから
本当に感動モノでした。

うちのサービスもこんなサービスになったら
良いなと思います。

今更ISO運用代行、Pマーク運用代行使ってみました。
自分たちでISOやPマークの運用に関する作業
をやっていたのが馬鹿らしくなりました。
運用することと作業をやることと勘違いしてました。
これほどスムーズだったらもっと速く使えばよかった

そんなことを言ってもらえたら最高です。
ETCのようなサービスを目指します。

よし!やるだけ!
ワールドカップ女子の最終予選を見ました。
少しサッカーを見る目が養われて、改めて
女子サッカーを見たわけですが、うまい!
ですね、なでしこ。

今日は川澄が終始良いプレー。2得点。
それ以外にもクロスも何本も上げてました。

川澄のプレーを見ているとダイレクトパス
ダイレクトシュートが多かったように感じます。
2得点ともダイレクトシュート。

そうそう
バルサのダイレクトパスを見ているといつも
すごいなと思います。

やっぱりダイレクトは蹴ることを防げない。
ある意味最強。その分ミスする確率も高いか
もしれません。

ビジネスの場でもお客様とのコミュニケーション
では「ダイレクト」なリアクションが求められる
ことが多いことでしょう。
ワンクッション置くと確かに精度は上がりますが
温度は下がるのでどうしてもコミュニケーションの
テンポは落ちてしまいます。
お客様との距離もその分縮まらないです。

サッカーでもビジネスダイレクトリアクションこそ
最強。そしてダイレクトリアクションは高度な技術
が必要でしょう。

サッカーでもビジネスでもダイレクトリアクションを
しようと思ったら練習が必要でしょう。それも徹底した
基礎技術。

息子にもコンサルにもバックオフィスメンバーにも
ダイレクトリアクションできるように基礎技術の習得
を意識します。

よし!やるだけ!

今日は月に数回だけあるお客様先への
同行訪問でした。
そこでの話です。
打ち合わせが始まり1時間くらいたったころ
打合せに参加していたお客様のお一人が

「◯◯◯◯◯◯◯◯ですよね」

と発言しました。
その発言を聞き私は

伝わったと確信しました。
1時間の打合せの中でお客様が発言した
言葉を私はタイミングやニュアンスを
変えながら4回から5回程度伝えました。
少し極端な事例も織り交ぜたりしながらも
伝えたかったのは1つのことです。

1回の打ち合わせ沢山の事を伝えません。
基本的には1つです。
そしてあっさりしつこくお伝えしながらも
伝わったかどうかをいくつかのお客様の
反応で確かめます。
その内の一つとして

お客様の口から私と同じ発言が出始める

があります。

1)1回の打ち合わせで伝えることは一つ
2)1回の打ち合わせで伝えることをあっさりしつこく
  何度も登場させ、伝える
3)伝えたことが伝わったかどうかの確証を
  得られるなんらかのリアクションを仮説立てし
  得られるまでお伝えし続ける

社内外を問わず、打合せでは1つのことを伝える
事に集中します。

よし!やるだけ!
本屋さんに行くと感じるのが

「整理の時代」だなということです。

ビジネスマンの整理術

とか

片付け
などのビジネス書や雑誌、ムックが多く目につきます。

フォーカス

もそうかもですね。
よく考えると物も情報も氾濫しているけど実際に使う
のは1つか2つだったりするわけだから、整理=ほとんど
を捨てて1つを選ぶことが必要になっているということ
でしょう。

私も家ではマンガ本と服が溢れかえっています。
今のあふれている状態で整頓を始めると棚がどれだけ
あっても足りない状態です。

どれも必要と思っていたら整理は始まらない。
今の時代だからこそ整理できていると過信せず
まずは整理を徹底します。

よし!やるだけ!
今日は新たな種を頂きました。
まだ種なのでそこから実り花を
咲かせられるかわかりません。

個人的にはその種に水をやり
育ててみたいなと思っていますし
感覚的にはやれるかもと思ってい
ます。

障壁はいくつかありますが実装
に向けて具体化したいと思います

よし!やるだけ!

お客様先に向かう道すがら
雨が降ってきた。
夜までふらないという予報だったが
早まったらしい。雨の準備をしてい
なかったため傘を買う。
傘をさすが、足もとや鞄はぬれる。
それが現場だろう。

めっきり減った現場。
会社としては増えた現場。
みんなは日々こんな状態なんだろう。
雨でもお客様先に向かう。
私は今日はお客様訪問1件だがそんな
ことはまれなんだろう。たいてい2件だ。
雨の中の訪問はやっぱり大変だなと感じる。

週末の体調不良から立ち直ったものの
まだ病み上がりということもあり古江さんが
幹部呑みを変わってくれた。

実は今日から明日まで弊社では税務調査中だ。
これまでずさんな管理だった税務、財務の
尻拭いを佐藤さんがしてくれている。

内定者の面倒をまだ入社したばかりの
採用担当が面倒を見てくれている。

東京の人員不足を補うように大阪から
東京に行ってくれる人がいる。

組織になって自分一人でできることは
殆どなくなった。みんなに助けてもらいながら
組織として一つの形になっている。
みんなに感謝出来る機会も増えたなと思う。

1回くらいみんなに感謝の日記を書いても
バチ当たらんよね(笑)。

感謝、どうやってしまそうか・・・
わかりやすくはお金なんだろうけど。

先日古江さんとサシ飲みをしていて
古江さんより

「見栄かもしれないけどみんなが誇れる会社に
 したい」

という話があった。
お金も含めて

「うちの会社ってさ、こんな良い所あるんだよ」

と言える会社にしていきます。

よし!やるだけ!
今週末、かる?く体調を崩してしまいました。

理由はおそらく睡眠不足かなと仮説立てしています。
というのも最近withingsの睡眠を測れるツールを入手
しデータ蓄積し始めました。
withingsでは8時間睡眠を推奨しているのか8時間
睡眠しないと100%になりません。
また仮に8時間寝ても睡眠が浅いとカウントされな
いようです。
週の平均睡眠時間を見ているとだいたい70%前後。
以前から睡眠は多い方ではなかったのですが、疲れも
蓄積されていたせいか体調を崩したのかなと思います。

20代、30代は眠ることを厭わずツッパしてきましたが
そうも行かなくなってきたんだろうなと感じます。
若い気持ちでいても体は正直だなと思います。

ついつい軽視しがちな睡眠ですがより一層大事にして
いければと思います。

よし!やるだけ!
「しまかぜって本当にすごいね。開発するのに30億
 だって」

と少し興奮気味に私に話す奥さん。
しまかぜ
http://www.kintetsu.co.jp/senden/shimakaze/

「乗りたくなった?」

「乗りたくなった。しまかぜの座席ってね軽自動車1台
分くらいの値段するんだって」

息子たちの影響で電車に詳しくなった奥さん。
今日テレビで電車の特集をやっていたらしい。
それを息子と見ながら自分も乗りたくなったらしい。

これは奥さんが決して電車オタクになったためではない。
なんでもそうだが知識を得るとより知識の先に行きたく
なる。体験したくなるものだ。

去年まで全く見ることがなかったリーガエスパニョーラ。
今では奥さんはバルサ戦はかかさず見ている。
バルサだけでなく今朝はアトレティコvsチェルシー
を見ていた。

こういうのをジェイ・エイブラハムが言うところの

「お客様を教育する」

ということなんだろうと思う。

私も奥さんのように知識をどんどん蓄積し
その先の体験をしたくなるようになっていきたい。

よし!やるだけ!
個別面談を通じて8対2のパレートの法則
の話をした。
パレートの法則を含め原理原則って本当に
素晴らしいなと思うし、本当にそうだなと
思うので大好きです。

今日話しをしたのは1日の中で本気を出す
割合について。

果たして1日を通じてずーっと仕事モード
を本気で出し続けられるか?
そんなん絶対に無理。

むしろ手を抜くところがあるから本気モード
のところがある。その割合もパレートの法則
で考えると

1日の仕事の中で大事な2割本気を出せば8割の成果を
得られる

となるのではないかと思っています。
本日の私のスケジュールは
朝8時から組まれていたのは12の打合せ(泣)。
申し訳ないが全ての打合せを全て全開では
受けられない。
いや受けられる人もいるかもしれないけど
私は受けられない。
となると絞る必要がある。

絞るとは、つまり戦略なり。

私が今日一番全力を出したのは間違いなく
AM8時〜の打合せだ。
後は全体的にぼーっとしながらも15分程度
だけ本気モードを入れたかもしれない。

あとスケジュールに入っていたがクリティ
カルに考えると出る必要がない打合せは
一つ飛ばした。

1日の中でもパレートの法則に則り、全力を
出すべき2割を見極め、戦略を持てば
成果も評価も変わる。

未来を拓く成果を出すために1日の中でも
戦略=全力を出す2割を考えます。

よし!やるだけ!
最近考えているのは見えている計画ではなく
見えていないけどできたらすごいなという夢
に近いことを計画できないかなと考えています。
具体的にはまだブログに書けるほどのことでは
ないです。

今の延長線で私を始め従業員でもイメージできる
ことはおそらく私じゃなくてもある程度できるん
だろうなと思います。

一方で非連続的なことや途方も無いことはきっと
私じゃないと出来ないし目指そうとすることも
ないんだろうと思います。

最近はちょっとその途方も無いことについて
脳みその一部を使い始めています。

実際は起業した頃から比べれば今の姿でさえ
十分途方も無いことだと思います。

結局目指すかどうかなんだろうと思います。

1回きりの人生、計画を粛々と実行しながら、
イメージもない途方も無いことも目指してみた
いなと思います。

よし!やるだけ!
今日は武蔵野様の経営計画発表会に参加
させて頂きました。
今回で2回目の参加ですが、1回目よりも
いっそう楽しく参加させて頂きました。

単純に自分が武蔵野様への理解がました
こともありますが、継続して触れることで
点ではなく線で見ることができているから
ではないかと思います。

経営計画書も単に1期だけ見るのも充分に
楽しく学びが深いです。しかし、昨期、
一昨年と変化や変化の方向性、数字の変化
を見ると楽しみに深みが増すなと感じます。

そして武蔵野様の経営計画発表会に参加し
経営計画書の変化を見ながら弊社もこれから
変化するであろう組織の状態や変化にわくわく
するところもあります。

1年では感じれない、感じさせることが出来ない
楽しみの深さをコツコツと積み重ね自分が感じた
り従業員が感じたり、利害関係者の方々に感じて
いただけるようになりたいと改めて感じました。

来年も経営計画発表会をやります。

よし!やるだけ!

息子のサッカー三昧なGW。
そして最終日は22チーム参加の大会。
ある意味GWの総仕上げ的な大会と
言って良いかもしれません。

前回は同大会で見事優勝でしたが、
今回はざ、残念ながら決勝で敗退。
準優勝。

最近調子に乗りすぎて練習に身が入
ってなかったので、正直1回負けてく
れないかなと思ってました。

実際に負けられると本人ではないですが
相当悔しいです。

「試合の結果を重視しない」的な大会
方針が出ていましたし、隣に座っていた
チームのコーチは

「これからボコボコにされますよ」

とか

「うちは1,2年は重視してないんですよ」

と負けるのを前提に話しているのを
聞きますが、私は正直そんな気分には
なれない人間だなと思いました。

今は結果を重視すべき時じゃない

とすればそれはいつなんだろう?
小学6年生?
中学生?
インターハイ?
なんらかのセレクション?
サッカーキャンプ?

あくまでも私見ですが、私は
すべての結果こそ重視すべきで
軽視して良い結果なんてないんじゃないか
と思います。

私も人生で結果を重視してきたかと
言われると正直自信はありません。
しかし今あらためて考えると

「結果重視」

って大事じゃないかと思います。
当然結果は日々の練習の積み重ねに依存
します。練習してなくて勝てるような
あまい世の中でもないし試合もないでしょう。

ビジネスでも日々の結果の積み重ねが
週、月、年の結果に繋がっています。

もしかしたら間違った発想なのかもしれ
ませんが、それに気づくまでは

「結果重視」

でビジネスも上の子のサッカー育成も
やれたらなと思います。

よし!やるだけ!
GW中に激痩せしてやろうと思ったら
体重微増中で危機感。

ダイエットを兼ね夕方上の息子のサッカー
の足技を軽く教わった。

で、できない。

トウタップがしんどい。
スピードが違いすぎる。
トウタップインサイドとかアウトサイドとか
全然足がついていかないし、それ以外も
ほぼ出来ない。

本を元に丁寧に教えてくれたものの体重
微増中のパパには、息子の教えに答えられる
足腰を持っていませんでした。すいません。

改めて息子が進んでる世界の凄さを体感
しました。

驚きは足技だけでなく、思考でも感じます。
運動してないからと軽く散歩してみたり
決意を書いてみたり、親の機嫌をとってみたり。

かと思えば

「今日はそんな気分じゃないねん」

とサッカー仲間が回転すしに行ったにも
かかわらず自分の主張をしてみたり。
いよいよ子供扱いできないなあと感じます。

従業員にも言っているように残念ながら
親は先に死にます。そしてそれが自然の流れで
親が望む数少ない望みでもあります。
それまでに自立しようと伝えています。

息子にとっての親は私。私の望みは私が先に
死に息子たちが死ぬ。その順番です。
そしてそれまでにしなければならない私の
役割は子どもたちを自立させることであり
世知辛い世の中という荒波に飲まれないように
することだと思います。

そういう意味では今から息子たちをどんどん
荒波の一端を感じさせ、精神的にはどんどん
自立できるように導けたらなと思います。

私も奥さんもちゃんと子離れすべく遊んで
もらえなくなる心の準備もしときます。

よし!やるだけ!
家にいると少なからず奥さんと
話をする。平日は寝る寸前に
一言二言交わす程度。
それも他愛もないことが中心。

連休になると少し段取り的な
話が増える。
15年以上一緒にいるせいか
お互いに通じる前提で言葉を
かわしてしまうが、そこは所詮
(というと冷たく感じるが
あくまでも事実として)
他人。

ミスコミュニケーションが頻発
する。

日常会話だから「てにおは」
や主語述語などの形式が整って
いるわけではなく、論理的に
お互い話をしているわけでもない。

しかし段取り的な話だと日常
会話的な話し方だとお互いに
上手く通じずイライラとして
しまう時がある。

やっかいなことに私自身は
コミュニケーションはある程度
できると思い込んでおり、自分の
正しさを常に押し付けてしまう
ところがあることかなと思う。

仕事上であれば良いがプライベー
トでそれをやり続けるとよくない
んだろうなと思う。

仮に本当にコミュニケーションが
「できる」なら誰と話してもちゃ
んと意思疎通できるだろう。

そういう意味では私のコミュニケー
ションは偏っていて、ターゲットが
まだまだ狭いんだろうなと思う。

多分私が弱いコミュニケーションは
人と仲良くするコミュニケーションが
苦手かもしれない。
合わせるとか苦手だしKYだし思った
事を押し通すし。

GWも後2日、苦手な

「仲良くするコミュニケーション」

を奥さんを使って磨けたらなと思う。

よし!やるだけ!
日課となりつつあるウォーキング
をしていると

「テナント募集」

と出されている物件をチラホラと見る。
一応商売人の端くれとして、この商圏、
立地だったらどんな商売ができるだろうか?
などと考えたりする。
ただ、たいていは

「難しそう」

と感じてしまうのが正直なところだ。
難しいからこそテナント募集になって
いるところもあるだろうし、私には
お店的な商売の発想がないというのも
あるだろう。

しかしきっと中には私や世の中の人が
難しそうと思うところで儲かる商売を
しっかり思いついているからこそ、成り立って
いるんだろうなとも思う。

実際歩いているとここで商売やってるんだなあ
と思わされるお店もあったりする。

基本的にBtoCの商売をやるつもりはないし
実店舗を持つことも多分ないが、せっかく
商売人に生まれてきたことだし、弱者として
商売をやっているわけだ。だからこその着想
がきっとあるんだろうし、どこかで役に立つ
かもしれない。

ただダイエットのためにウォーキングするの
でなく商売人の感性も磨きながら歩きたい。

よし!やるだけ!
「こういうメリットとこういうメリットと
 こんなメリットがあるんだよ。一度話だけでも
 聞かない?」

小さいながらも会社をしている親にある提案
をした。メリットしかない提案だ。

「いま特に困ってないし、やらなくても良いよ」

と母親。

「え?何で?だって◯◯◯じゃんか。」

といつも困っていると聞かされていることを
伝えると

「まあね、でも良いよ」

と母親。

「面倒くさいってのもある?」

と聞くとそんな側面もある節。
弊社のサービスでもそうですが、メリット
があったとしてもそのメリットと面倒臭さ
で比べた時にサービス導入に対する心理的な
面倒臭さが勝ってしまうと導入されない。

逆に私から見て面倒くさそうなことでも
お客様の要求があることだったり心理的に
面倒臭さよりもサービスメリットを感じる
ことが出きると導入される。

やっぱり人間は合理的には物を買わないんだと
改めて感じた。
次は心理的に攻めて親ぐらいはちゃんと
コントロールできるようにします。

よし!やるだけ!
最近考えていることとして
浪費、消費でなく投資について
考えています。
何をどうしたら投資になるだろ
うか?私自身だけでなく会社に
とって何が投資になるだろうか?
と考えています。

投資と言っても株を始めるとか
不動産投資をするとかじゃなく
未来の自分、未来の会社のため
の投資として何をすべきか
という感じです。

投資は会社の中で誰ができるか
というとおそらく私しか出来ま
せん。金融や不動産じゃない投
資だとどれくらいのリスクでど
れくらいのリターンなのかも不
確定です。

そんな不透明な活動ができるのは
意思決定権を持っている代表だけな
んだと思います。

そういう意味では投資に臆病に
なるのも違うなと思います。ま
してや小額であればなおさらです。

ちょうど今日なんとなく投資とな
りそうな事に出会いました。
躊躇していましたが躊躇する事
自体違うなと思い、行動してみる
ことにしました。

自分の未来のための投資、会社の
未来のための投資について具体的
に考えていきます。

よし!やるだけ!

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このアーカイブについて

このページには、2014年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年4月です。

次のアーカイブは2014年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ