就職戦線を終えた人とまだの人の違い

この時期大学4年生では就職戦線において
二極に分かれていることだろう。

すでに内定が出て就職活動に終止符を打った学生
まだ内定が出ておらず就職活動を続けている学生

弊社でも「良いな」と思っていた学生から辞退が
出たりしています。やっぱり「良いな」と思う学
生はどこの企業様でも「良いな」と思うんだろうな
と思います。

今日は弊社でも新卒説明会を東京でさせていただいた。
改めて学生を見ていたりこれまでの中途採用において
内定を取り付ける人とそうでない人を見ていると
ある大きな違いを見いだせるなと感じました。

それは就職できている人は自分をある一定の方向に
追い込めており、照準をきっちり絞れている。
逆に就職で長引いている人を見ると自分を追い込み
きれておらずどういう方向に行くべきか決められてい
ない雰囲気が伝わってくる。

では追い込めている人と決められない人で何が違うん
だろうか?

単純に

「追い込もう、絞り込もうと思ったかどうか」

に尽きるのではないかと思う。
どこまで悩んでも悩まなくても残念ながら結果はそれほど
変わらない。それを理解し弊社でいうところの

「始めに即決、考えるのはそれから」

という超速行動をとれているか、それとも取れていないか
ではないかと思う。

「人生塞翁が馬」

良いと思ったことがよくなかったり失敗したと思うことが
後から考えると良い転機だったりするものだ。大事なことは
成功している人は意思決定が速いということだ。

自分を追い込もうが追い込まなかろうが月日は流れあっとい
う間に3月を迎えていく。

まだ就職戦線にいる人は危機感を持ってしっかり自分を
追い込んでもらえたらなと思う。

私も今年の新卒採用に関して追い込みを加速したい。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1434

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2014年4月23日 21:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「現状に感謝しながら現状に満足しない」です。

次のブログ記事は「もっと夢を!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ