同じ素材、同じ時間、同じ人数なのに結果に違いが出る

大阪で武蔵野様の社員塾にオブザーバー
参加してきました。
いつも参加させていただき、ありがとう
ございます。

社員塾の一番最初のチームミッションが
あります。
あまり具体的に書かないほうが良いのか
なと思うので、わかりにくくてすいません。

ある日常的なものを使って、滝石さん
からのオーダーをチーム共同作業で
戦います。

・一つのオーダー

に対して

・一つの材料
・チーム人数も一緒
・時間も一緒

なのにチーム毎にやり方がぜんぜん違うのが
ほんとうに面白いです。
オーダーに忠実にやっているところもあれば
オーダーがどこかに入ってしまい彷徨っている
感じのチームもあるなと感じさせるところもあ
ります。

ある意味ビジネス社会に似ているなと思います。

・同じ商品を同じターゲットに売っていく

そんな感じに見えました。
しかし業績が良い会社もあれば悪い会社もある。
違いを出せる要素は少ないながらも圧倒的な
違いが出てしまうものなんでしょう。

違うのは人の質とチームワークなんだろうなと
思います。

弊社の場合は現状他社と異なる商品ですが、
いつ競合が現れるとも限りません。
そのときに差別化できるのはやっぱり人材
なんだろうと思います。

人材育成、チームワークを上げるための活動は
ドシドシやっておきたいと思いました。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1428

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2014年4月17日 22:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「相手の立場をやってみる」です。

次のブログ記事は「区別します」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ