弱小チームはやることを絞る

今日の上の息子は、強敵との対決でした。
1対1を含め個人的なスキルでは相当開きがある
よくしった子との対決です。
ただサッカーは団体競技だし、うちの子の
チームはここ数ヶ月20試合以上負けなしと
好調なので実際どうかなるかなと思いましたが
なんと予想に反して勝つことが出来ました。
息子は相当嬉しがってました。
とここまでは今日は余談(笑)

チームは2チームで参加。うちの子が所属していない
もう一チームは新1年生が中心のサッカーもまだまだ
なこばかりでした。(Aチームと呼びます)

Aチーム、3ゲームで結局得点することが出来ませんで
した。コーチも策を練ったのですがいかんせんボール
をちゃんと蹴るのもまだまだな感じでした。

少し冷静に素人ながらもAチームのコーチになった
つもりで考えてみましたが、どう考えても難しいな
と感じてしまいました。団体競技ながらもやっぱり
キーマンはいるし、2人キーマンがいると随分と違
います。しかしキーマンも見いだせない。

私ならどうするだろうか?

そしてビジネスでも考えると中小企業とはキーマン
がいないビジネススキルが殆どない人たちで戦って
いるようなものなのかもしれないと感じました。

サッカーはズブの素人ですがビジネスなら一応それ
なりの経験をしてきました。
ビジネスで同じ状況であればやることは一つ。

・やることを絞る

かなと思います。
スキルが低いのに色々とやらせても何もうまく
行きません。なのでひたすら絞っていくのでは
ないかと思います。改めてサッカーで考えてみ
るともう一言付け加えて

「またサッカーをやってみたくなる事に」絞る

かなと思います。
となるとみんなでひたすらシュートしゴールを
狙うとかするとかかもしれません(笑)

そんな策も通じないほどの差は今日はありま
したが(苦笑)。

弊社は中小企業ながらも最近は幹部を中心に
キーマンになり戦ってくれています。
結果としてここ数年では勝ちを収められている
んだろうと思います。

そして今年はよりチームプレー、チーム連携
戦術重視なのかなと思います。

キーマンが活躍するチームからチーム連携
や戦術で戦える組織に進化させます。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1424

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2014年4月13日 23:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「三寒四温」です。

次のブログ記事は「今日よりも明日進化できる行動を決められているか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ