出会いは望まない形で訪れるもの

学生時代
東京という都会を知ってしまい、神戸と
いう一地方にいくのが嫌だった。だけど
神戸に来ていなければ奥さんとも出会っ
てないし、その後以降の人生も全部変わ
っていたことだろう。

大学院を修士で辞めることになり教授に
なる道が閉ざされた。教授の道が閉ざさ
れていなかったら当然起業もしていない
だろう。

ISOコンサルが嫌だったコンサル会社時代
しかしISOが無ければ創業できていないし
今の会社の規模にもなっていない。

特に仲が良かったわけでも運命を感じたわ
けでもない古江さんとなぜか起業し今まで
会社を一緒にやっている現実。
古江さんとでなければ確実にここまで来て
いない。

過去最高の月間売上高を記録した2009年10月。
その後リーマン・ショックで売上半減。先が見
えない、どう売上をあげたらよいかわからない
ときに出会ったISO運用代行のきっかけ。
リーマン・ショックがなかったら今でも年商1億
辺りをウロウロしていたことだろう。

世の中は理不尽で不合理で不平等だけど同時に
絶妙のタイミングで様々なきっかけが降り注ぎ
それを受け入れる準備ができている人だけが
その次のステップに進めるんだろうと思う。

きっかけは唐突に自分が望まない形でやってくる。
神様がいるとすればまさに

「神様のムチャぶり」

と呼べるような状態でもたらされる。
時には神様のムチャぶりはお客様からもたらされ
時には神様のムチャぶりは奥さんからもたらされ
時には神様のムチャぶりは社員からもたらされ
と金は神様のムチャぶりは師匠からもたらされ
時には神様のムチャぶりは私からみんなにもたらされ

たりする。

神様からもたらされるムチャぶりを受け取る準備
します。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1422

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2014年4月11日 22:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「1時間自己紹介の効用」です。

次のブログ記事は「三寒四温」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ