お客様の満足度の上げ方をお店から学ぶ

お客様の満足度をあげるにはどうしたらよいか?
そんな問いに答えるお店だったなと思うお店で
昨日ノミニケーションがあった。

「お会計お願いします」

というと

「サービスです」

と大きい丼に入ったカニ汁を持ってきた。
サービスだしカニが入ってるし暖かくてホッ
とするしうまいし、やるなあと思った。

会計を済ませてエレベーターへ。
そこでさらに

「これどうぞ」

と銀紙に包んだ直径3cm程度の小さな
おにぎりが手渡された。

ちょっと意表を突かれた小さなおにぎり。
ある程度満たされていても食べられる程度
の一口サイズ。

ポケットに入れておいて忘れた頃に触れ
食べてみる。

うまい。

渋谷という飲食店の激戦区で満足度を上げよ
うと思うとうまいのは当たり前。
愛想が良い店員も当たり前。
サービスも良いのも当たり前だろう。

そんな中でどうやって満足度を上げるかだ。
やっぱり大事なのは「サービス」をする
タイミングではないかと思う。

会計の前で満足度を上げ、帰り際に渡された
おにぎりはお店の外でさらに満足度を畳み掛け
られる。

お店の外で

「なかな良い店だったな」

そう感じさせるのが大事だったりするのではな
いだろうか。
お店の中だけでなくお店の外でも満足を
感じられるお店は少ないだろう。

うちでどうこのお店の良さをパクれるかわから
ないがどこかでぜひ活用したい。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1415

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2014年4月 4日 23:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「いつも同じ事言ってると言われるのが正しい」です。

次のブログ記事は「デルの超速行動」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ