話す側と聞く側のギャップ

先日某場所である人の話を聞く側になった。
話す側はついつい同じことを何度も言ってしまう。
結果として話が長くなってしまう。
伝わってなさを感じ、もっと伝えないとと思う。

聞く側は、聞くことはないし自分にも関係ない
と思ってしまう。早く話が終わらないかなと
思ってしまう。

話をする側と聞く側には常にこのギャップがある
なと感じる。
伝える側になるとつい長く話してしまう傾向があり
聞く側になるとつい話を聞くのが嫌になってしまう。

自分が話す側にも聞く側にもなることはあっても
相手の立場になれることは難しい。

少なくても話す側と聞く側にはギャップがあると認識し
話をしたり聞く側になったりしないとなと感じた。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1402

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2014年3月22日 23:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「組織の軸の大事さ」です。

次のブログ記事は「闘志がわくところとわかないところを見極める」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ