採用のやり過ぎを是正

採用方針を少し変更してみた。
これまでは厳選していたが、厳選する度合いを
かなり下げてみた。
ある意味今日採用した人には失礼な話かもしれない。
しかしそれはあくまでも私の厳選度の問題であって
世の中の厳選度の問題ではない。

一つの仮説としては私の厳選度は実はあてにならない
のではないかと思い始めたことです。
それよりも採用し、試して頂き、弊社を感じて頂き
考えていただいたほうが早いかなと思っています。

つまり採用面接でやりすぎてたんじゃないかと
いうことです。

弊社ではまだまだやりすぎていることが多々あります。
中小企業では資源が限られているわけです。
少ない資源をやるべきことに集中する事が大事です。

やり過ぎを是正しやるべきことに集中できる
環境を整え、備えます。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1378

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2014年2月26日 22:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パパの存在感はママが作る」です。

次のブログ記事は「経営の計器としての環境整備」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ