結果だけでなくプロセスにアプローチする

弊社の目下の課題の一つに採用があります。
東京での中途、新卒とも苦戦しています。
そんな折、人事チームのミーティングがありました。

今月より武蔵野様で教わった店長会議、進捗会議
の形式により実施されました。

これまでは

「採用が厳しいね。がんばろう」

という根性論でした。しかし今回はもう一歩前進して

「ここの数字を改善しよう」

と具体的になりました。
単に採用できた、出来ないという結果から
プロセスの中の監視数値を改善することで
結果を導き出す流れを作れたのではないかと
思います。
そしてプロセス面を改善するだけでなく
プロセスに起因するであろう条件面も見直しを
行いました。

根性論から科学的アプローチへ。
有視界飛行から計器飛行へ。

これで数ヶ月試してどうなるかです。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1366

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2014年2月14日 21:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「恋するフォーチュンクッキー ISO総合研究所verを御覧ください」です。

次のブログ記事は「クリアできるかできないかの確率を70%くらいが良いかな・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ