戒めながら進む

家康は三方ヶ原の戦いの後、
絵にその悔しさを刻んだ。
(しかみ像)

小山さんは新規事業の失敗を
椅子に刻んだ。

同じ間違いをしないようにするため
間違った意思決定の代償の大きさを
忘れないため

この日記の継続も私の悔しさから始まった。
ツイッターのアカウントの背景は
家康のしかみ像

できれば刻むような失敗をしたくない。
しかし進めば失敗をする。
それでも進むしか道はない。

自分の失敗を戒めながらそれでも
進んでいきたい。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1360

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2014年2月 8日 23:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「現場の生々しさが流れ込む進捗会議を始める」です。

次のブログ記事は「継続こそ力なり」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ