現場の生々しさが流れ込む進捗会議を始める

武蔵野様の店長会議、進捗会議を経て
進捗会議をできるだけ忠実に真似て
始めました。
一言いいですか?

「良い!」

現場の生々しさが会議を通じて私の
中に流れ込んでいきます。

良いことも課題も

同時に恐ろしくなりました。
どれだけ現場が見えてなかったのか
思い知らされました。
ここ3年ほど毎月毎月仕組みが変化
し続けていますが、今年も1月、2月から
どかどかと仕組みが変更されています。

私がぎりぎり持ってるなと思うのは
有視界飛行から計器飛行の必要性に
気づくことができ、そしてタイミング
よく店長会議、進捗会議をみさせて頂
き、計器飛行になんとか乗せられそう
なことかもしれません。

なんとなく見えなくなりつつある経営
をぎりぎりのところで手繰り寄せてる気
もします。

課題は山積。
それでも前に進みます。
会社、従業員と一緒に私も成長します。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1359

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2014年2月 7日 21:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「どういう組織文化にしていくか?」です。

次のブログ記事は「戒めながら進む」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ