どういう組織文化にしていくか?

1.事件や事故を隠すのもその組織の文化。
2.事件や事故の事を大きくするのも組織の文化
  会社が抱える改善点としてみんなで共有する
  文化

どちらも組織の文化だから正しい。
武蔵野の小山さんがそうおっしゃられていたことを
昨日唐突に思い出した。

じゃあどちらの文化に築きあげたいか?
できれば2でありたい。
2とするための土台とはどんな感じなんだろか?
今、私のみんなへの接し方は2に行くための
ものになっているだろうか?

風通しがよく、改善点も見え、共有出来る組織
にしていけたらなと思う。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1358

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2014年2月 6日 22:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「タブーとの付き合い方、触れ方を考える」です。

次のブログ記事は「現場の生々しさが流れ込む進捗会議を始める」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ