クリアできるかできないかの確率を70%くらいが良いかな・・・

見誤ったかな、、、いやそろそろクリアさ
せとくべきかな・・・
難しすぎるとクリアできないし、簡単すぎると
すぐやられてしまうし、、、、

来月行われるマンチェスターユナイテッド 
サッカーキャンプがある。

基本的に参加させようと思っていたが、ただ
参加させるのはもったいない。参加するため
の条件をつけ、クリアできたら参加としたほ
うが息子のためにもなるかなということで
条件をつけた。

基本的にはリフティングの回数だったが、
最近はリフティングもそこそこ出来るように
なったためと本人的に負荷が激しいらしく
あまりやらない。そしてこれ以上回数を伸ば
すことも技術上どこまでメリットがあるかわか
らないので少し条件を変更してみた。

リフティング→ヘディング2回→リフティング10回

ができたらクリアとした。
すねでリフティングしているよりは一番遠い
ヘディングが組み合わさる方が難しいだろうと
思いやらせたが、30分と立たずにクリアされてしまった。。。。

条件が簡単すぎると早くクリアしてしまいあまり
スキルアップにならない。
条件が厳しすぎるとクリアできなすぎてつまらなく
なってしまう。

条件の設定は息子に対しても会社の従業員に対しても
いつも悩む種だ。しかしただやらせるのももったいない
しつまらないし、やる気も起きないだろう。

再来月にも一つサッカーキャンプがある。
このキャンプの参加条件は

息子のスキルアップになり
難しさとして少し優しめで
期間的に何とかクリアできそうで
長期的な目標すぎず、短期的な目標過ぎない
達成確率としては70%以上で


そんな条件を考えられたらと思う。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1367

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2014年2月15日 23:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「結果だけでなくプロセスにアプローチする」です。

次のブログ記事は「時間の主になる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ