2014年2月アーカイブ

今日は大阪での1回目の2015年新卒会社説明会でした。
大阪は比較的集まって頂いており、12名ほど参加して
頂きました。ありがとうございます。

今日意識したことは私を知って頂く、私の情熱や会社
をやっている背景などを知っていただくということです。
通常は私が喋らないところを意識して私がしゃべるように
しました。

というのも大手企業に唯一勝てる可能性があるのが
代表である私を見せることではないかと思ったからです。
環境、条件面、安定度、その他もろもろのものは大手企業
が優れていることでしょう。しかし唯一勝ち得るとすれば
大手企業の採用担当者よりも会社に関して情熱的に伝えら
れることではないかと思います。
少なくても大手企業の採用担当よりは熱く会社をやらせて
もらっているという自負はあります。
そしてそれが伝わる人が興味を示し、採用内定につながっ
ていけば良いなと思います。

今後も東販で新卒説明会がありますが、中小企業して唯一
価値をもたらすことが出来る可能性がある代表としての
情熱を新卒採用、中途採用の場で伝えられたらと思います。

よし!やるだけ!


今日は初めての自社だけの環境整備点検評価
を行いました。
結果は東京が初めての120点満点、大阪は残念
ながら105点でした。

東京オフィスと大阪オフィスで広さが3倍。
大阪のほうが広いのでどうしても難しいの
かもしれません。しかし一方で大阪はバック
オフィスメンバーが東京の3倍います。
鍵はバックオフィスメンバーかもしれません。

環境整備点検は一見気合の入った掃除のようで
すが私は会社を運営する上での計器の一つだと
思っています。

武蔵野様でも拠点で95点以下が3ヶ月続くと
店長が更迭されるそうです。

環境整備を単なる環境整備と思うか経営の計器
の一つとして捉えるかで重要度の置き方が違う。

私は計器と捉えていきます。
点数が低ければなにか問題が潜んでいる可能性
を考えていく必要があるなと思います。
環境整備の重要性を共有していきます。

よし!やるだけ!

採用方針を少し変更してみた。
これまでは厳選していたが、厳選する度合いを
かなり下げてみた。
ある意味今日採用した人には失礼な話かもしれない。
しかしそれはあくまでも私の厳選度の問題であって
世の中の厳選度の問題ではない。

一つの仮説としては私の厳選度は実はあてにならない
のではないかと思い始めたことです。
それよりも採用し、試して頂き、弊社を感じて頂き
考えていただいたほうが早いかなと思っています。

つまり採用面接でやりすぎてたんじゃないかと
いうことです。

弊社ではまだまだやりすぎていることが多々あります。
中小企業では資源が限られているわけです。
少ない資源をやるべきことに集中する事が大事です。

やり過ぎを是正しやるべきことに集中できる
環境を整え、備えます。

よし!やるだけ!
朝歯磨きしていると下の子が

「パパありがとう」

というから

「何?」

と聞いたら

「パパありがとう」

と再度言ってきた。奥さんに確認したら

「昨日買ったおもちゃのお礼」

との事。下の子が生活発表会でがんばったので
おもちゃ買って良いよと言ってあった。
昨日保育園がお休みで奥さんと下の子でおもちゃ
を買いに行ったようだ。その御礼だったようだ。

奥さんえらい!

思わずそう思った。
奥さんが息子に言わさなかったら奥さんに
下の子にちゃんとパパにお礼を言わせてと
言おうと思っていたところだったが、ちゃんと
考えてくれていた。

出張が多い私にとってパパとしての存在感を
どう残すかが大事だ。
パパの存在感は私がいる時と奥さんが私のいない
時にパパについてどう言うかにかかっている。

そういう意味では今回奥さんがパパにおもちゃの
お礼を言わせるという行為は最高に素晴らしい
フォローだなと思う。
奥さんの苦労は置いておいて私は安心して出張に
行けると感じた。

奥さんも大事にします。

よし!やるだけ!

今日は株式会社テイル様のパクリウォーカー
に参加させて頂きました。
またその後、金原社長から色々と
ご指導頂きました。

私には珍しく相当飲んでしまったため
簡単に行かせていただきます。
正直タイピングが辛いくらいです。
一言

強かさが足りない

そう感じた昼と夜でした。
強かさは磨かないと光らないんだろうな
と感じました。

強かさをもっと磨いていきます。

よし!やるだけ!
14年前の起業したての頃、お客様が
お約束したことをしてもらえずイライラ
していた。

◯日にご連絡ください

そう伝えてあったのにお客様から
連絡が来ない。連絡が来ないと
進み具合がわからないから困る。

何でお客様はお約束したのに連絡
をしてもらえないんだろうか

そんな事でイライラしていた。
あまりにイライラしているので
弊社の古江が見かねて

「自分で連絡して情報取りに行けば
 良いじゃないですか」

とアドバイスしてくれた。
強情で意地っ張りな私は、すぐに
その行動が取れなかったが徐々に
自分から情報を取りに行くことが出
来るようになっていった。

・そもそもコンサルとしてお金を頂いているのは
 弊社だ。情報の収集も含めコンサルティングの
 プロジェクトの全体を運営管理するのは弊社
 の責任領域だろう

・お客様にお願いしてもやってもらえない時も
 ある。だから弊社にご依頼いただいているわ
 けだし、やれるようにするのが弊社の役割だ
 ろう

と徐々にプロとしての意識を高めていった。

最近武蔵野様からお教えいただいた進捗会議
では社内からの情報も上司が部下に取りに行く
事を教わった。

部下はお客様の声や現場の情報は上げてこない。
上げてこいと言っても上げてこないのが普通。
それが世の中なんだろう。

逆も真なりで上司にチェックを求めたからといって
上司がチェックしてくれるとは限らない。
先輩がほしい情報をほしいタイミングで出してくれる
とは限らない。

情報は基本的にほしい側が取りに行く

弊社古江から教わったこの原則を忘れず仕事していこうと思う。

よし!やるだけ!

今日は上の息子(7)がサッカーの大会でした。
8チーム参加でトーナメント。
3回勝てば優勝です。
U-7なので負けないでほしいと思っていましたが
対戦やラッキーに恵まれました。

辛勝ながら決勝へ。
決勝では大差をつけて勝つことが出来ました。
初戦は相変わらず調子が上がらず、コーナーキックからの
ラッキーゴールでなんとか同点、そしてPKでなんとか勝利。
2回線は0−0からPKでゴールを決め勝利。
決勝は8−0と圧勝

なんとか優勝という結果を残せてよかったと思います。

小さいながらも結果を残すって大事だと思います。
結果によってモチベーションが上がっていきますし
本人も手応えがあったことでしょう。

明日も小さな大会があるようですが、今から結果を
意識してプレーしてもらえたらと思います。

よし!やるだけ!
なぜか以前撮影した恋するフォーチュンクッキーを
みんなで見ると突然言われた。
なんで今さら恋するフォーチュンクッキーを見るん
だろと思いながらも見ていると途中から動画の内容
が変わり、、、

私の誕生日サプライズに切り替わっていった。
少し恥ずかしいながらもうちの家族も巻き込んだ
誕生日サプライズは正直かなり嬉しかった。

今日は朝から少し不機嫌だった。
自分の思うように行かないところがあり
色んな人を叱ってしまった。

そんな中なのにみんな誕生日サプライズを
暖かくやってもらえた。

すごいことだなと思う。

誕生日サプライズをされたらさらにみんなのことを
考え、みんなの成長を考え、みんなにとってどうする
ことが良いのか考えてあげないとなという気持ちになった。

みんなの暖かさに答えられる経営者に一歩でも近づければと
決意を新たにした。

みんなありがとう。

よし!やるだけ!
社内であるキャンペーンを始めた所
全社でなかなかの活動になりました。

最初は盛り上がりに欠けましたが
今回のキャンペーン対象が本来やりやすく
弊社にデメリットがなくお客様にはメリットしか
ないもののため、動きが悪い従業員に対して
一人ひとり対応しました。
自分で対応しながらまさに火種をつくり
火をつけまわっている、そんな気分でした。

私の対応でおもいっきり動きが良くな
る人もいれば、まだまだ動きが悪い人も
います。
組織の弱さも感じました。強かな組織とは

「やるぞ!」

となった時にみんな一斉に同じ方向に動ける
ものでしょう。
うちではまだまだ足並みが揃ってないなと
感じました。

代表の役割としては意思決定をするだけ
でなく、推進したりけん引する役割もあるな
と思いました。

将来的には意思決定する役割と推進する
役割が分離されるんだろうなと思いますが
しばらくは意思決定するだけでなく推進する
動きもやっていこうと思います。

よし!やるだけ!
「最近茨城県で地元の物産アピールに力を入れてるんですけど
 私達でも知らないものが結構あるんですよね」


茨城県のお客様先で駅まで車でお送りいただいて
いるときに言われた言葉だ。
心のなかでつぶやいた。
・地元の人でさえ知らないってどうなの?
・いや、だからこそアピールが大事で・・・・
・地元の人に知らせてるんだろか・・・・

もしかして(仮説)
・地方の物産を他都道府県の人に広めようと
 するときに実は地元の人が知っているかどうか
 って大事なのではないだろか・・・・


・名産を教えてもらうのはたいていは地元の人だ
 タクシーの運転手さんや訪問先などでお聞きすることが
 多いことだろう。

さらに頭の中で展開する。
もしかして(仮説)
・商品をご紹介していただいたりするにあたって大事なことは
 従業員がちゃんと商品知識を知っているかどうかに
 かかっているのかもしれない。

もしかして(仮説)
・うちの会社の特徴(良さ)を求職者に伝わるようにするには
 従業員がちゃんと会社のことを理解しているかどうかに
 かかっているかもしれない。

灯台下暗しなのかもしれない。
灯台下を照らす何かを探ってみようと思います。

よし!やるだけ!
 

東京への新幹線でプレジデントファミリー
という雑誌を読んだ。
メインテーマは

「東大生334人の勉強習慣」

そう、これから我が子も東大を目指すからだ。
いや、違います(笑)
目指しません。むしろもっと高みかもしれません。

この雑誌を手にとった理由は世の中でうまくいっている人
何かを身につけたプロフェッショナルやできる人
は結局「何を」するかは違っても「どうやるか」は
同じなのではないかという仮説があったからです。

そして東大合格者は「何」の一つが「東大」だっただけで
プロサッカー選手は「何」の一つが「サッカー」だっただけ
ビジネスの成功者は「何」の一つが「ビジネス」だっただけ

なのではないかと思っています。
そして

「どうやるか」

に関しては実は同じなのではないかというかという
仮説が私にはあります。
その同じものとはなにか?
それは

「基礎トレーニングを徹底することで人よりも成功する」

ではないかと思います。
プレジデントファミリーを読んでこの仮説はさらに
確信へと近づいたなと感じます。

・たくさん勉強したことはない
・勉強しろと言われたことはない
・教科書しか勉強していない
・繰り返し勉強しかしてない
・塾には行ってない

そんな記述が目につきました。
頭の善し悪しは確かにあるから一概には言えませんが
何をするにも

「基礎」

以上に大事なものはなく

「基礎トレーニング」

を続けることが一番難しいと思っています。
だからこそ

「基礎トレーニング」

を徹底できた人だけがある高みに到達できるのではないか
と思うのです。
「基礎トレーニング」を徹底するプロセスでは
「あれはやらなくて良いのか、これをやらなくてよいか」
との誘惑にもかられます。

しかしそんな誘惑にも負けず

「基礎トレーニング」を徹底できた人だけが
「何」かの高みに到達するんだろうと思います。

まずは私どもの会社はISOとPマークを扱っています。
再度ISOとPマークの規格を徹底的に学ばせたいです。

息子にはサッカーの基礎トレーニング「止める、蹴る、運ぶ」
練習をさらに継続させようと思います。

そして私は経営者の基礎トレーニング。
やっぱり環境整備だろか。

やらないことを決め、やることを整えて備えさせる。

まずはよし!やるだけ!
情熱をかければ必ず報われると思っていた
30代から、残念ながら情熱にも転換率があり、
情熱が伝わる人と伝わらない人と情熱を
掛けたかどうかに関係ない人とがいると
考えられるようになった42歳11ヶ月。

経営者にとって情熱はきっと必要な要素で
情熱は注ぐべき。
それも人を見て、ポジションを見て。
全力で注いだらきっととんでもないことに
なってしまう。

FAX販促の反響への転換率が1/3000〜1/5000
DMは0が一つ減るだろうか

ダイレクトマーケティングの転換率よりは
情熱の転換率は良いのかもしれない。

情熱が伝わるかどうかの転換率。
できれば考えたくないがそれが現実なんだろうと思う。

転換しようがしまいが、それでも経営者なら
情熱を伝えるのが役割だろう。

明日もそれぞれの人にあった適度な情熱を伝えられたらと思う。

よし!やるだけ!
うーん、なんとなく違和感を感じる今日このごろ。
何に違和感を感じるか?

それは時間の使い方だ。
正確には時間の使われ方だ。

今は自分で時間を管理しているというよりも
私が関係する業務に関して関係する人が
どんどん空き時間をとって良いことにしている。

気が付くと分単位で業務が入っている。
確かにどれも必要な業務だしたいていは
自分が決めたことだ。

だから時間を入れる人は全然悪くない。
むしろそのままにしている自分に課題がある。

ちょっと時間の奴隷になりつつあるのかな・・・

自分の時間をどう使うか改めて考えてみようと思う。
そのための時間をまずは作らなくちゃ。

よし!やるだけ!
見誤ったかな、、、いやそろそろクリアさ
せとくべきかな・・・
難しすぎるとクリアできないし、簡単すぎると
すぐやられてしまうし、、、、

来月行われるマンチェスターユナイテッド 
サッカーキャンプがある。

基本的に参加させようと思っていたが、ただ
参加させるのはもったいない。参加するため
の条件をつけ、クリアできたら参加としたほ
うが息子のためにもなるかなということで
条件をつけた。

基本的にはリフティングの回数だったが、
最近はリフティングもそこそこ出来るように
なったためと本人的に負荷が激しいらしく
あまりやらない。そしてこれ以上回数を伸ば
すことも技術上どこまでメリットがあるかわか
らないので少し条件を変更してみた。

リフティング→ヘディング2回→リフティング10回

ができたらクリアとした。
すねでリフティングしているよりは一番遠い
ヘディングが組み合わさる方が難しいだろうと
思いやらせたが、30分と立たずにクリアされてしまった。。。。

条件が簡単すぎると早くクリアしてしまいあまり
スキルアップにならない。
条件が厳しすぎるとクリアできなすぎてつまらなく
なってしまう。

条件の設定は息子に対しても会社の従業員に対しても
いつも悩む種だ。しかしただやらせるのももったいない
しつまらないし、やる気も起きないだろう。

再来月にも一つサッカーキャンプがある。
このキャンプの参加条件は

息子のスキルアップになり
難しさとして少し優しめで
期間的に何とかクリアできそうで
長期的な目標すぎず、短期的な目標過ぎない
達成確率としては70%以上で


そんな条件を考えられたらと思う。

よし!やるだけ!
弊社の目下の課題の一つに採用があります。
東京での中途、新卒とも苦戦しています。
そんな折、人事チームのミーティングがありました。

今月より武蔵野様で教わった店長会議、進捗会議
の形式により実施されました。

これまでは

「採用が厳しいね。がんばろう」

という根性論でした。しかし今回はもう一歩前進して

「ここの数字を改善しよう」

と具体的になりました。
単に採用できた、出来ないという結果から
プロセスの中の監視数値を改善することで
結果を導き出す流れを作れたのではないかと
思います。
そしてプロセス面を改善するだけでなく
プロセスに起因するであろう条件面も見直しを
行いました。

根性論から科学的アプローチへ。
有視界飛行から計器飛行へ。

これで数ヶ月試してどうなるかです。

よし!やるだけ!
恋するフォーチュンクッキーを突貫で撮影してみた。

意思決定は唐突に。
1月の2週目
経営計画発表会が終わり、社内は経営計画書の
写経(経営計画書をノートに全文書き写す)に
邁進しているまさに同時並行だ。

古江が

「季節ものだからやるならぎりぎり今。僕だったら
 やりますよ」

とつぶやいた。
そして以前話が持ち上がった時にノリノリだった
東京の女子Fさんに白羽の矢を立てた。

「Fさん、恋するフォーチュンクッキーやって。1月中ね」

唐突にFさんにタスクを落とした。
そこから他社の恋するフォーチュンクッキーの動画を
研究し、コマ割りし、撮影、撮影指示、動画編集、校正
をほぼ一人でやりとげた。

写経、日常の膨大な作業や訪問の中、彼女は一人で
やりとげた。
途中

「大変だったらやめても良いよ」

という私の意地悪にもめげずにやりとげた。
そして完成!

恋するフォーチュンクッキー ISO総合研究所ver

短期間のど突貫でしかも片手間なのにここまでのものを
作り上げられたら、これから先私は彼女を応援しないとい
けないなとおもってしまった。

頑張っちゃう人は応援します!
次はキャンペーンだね。

よし!やるだけ!

今日は高崎で2件のウェブ制作のお客様に
訪問させて頂きました。
弊社のウェブ事業のメインターゲットは
幸いったらある意味失礼ですが、インター
ネットのリテラシーがまだまだ低い方々で
す。

日本の中小企業では実はまだまだウェブサイト
がなかったり運用ができていない会社様が
沢山あります。

弊社(正確にはプリンスキー)では制作から
リニューアル、各種更新を含め月々1.5万円
でさせて頂いております。

ウェブのリテラシーが低い方々がお客様
なのでウェブに関する専門用語を使うと
途端に会話が成り立たなくなります。
ウェブデザイナーがお伺いすると確実に
英語と日本語くらいの違いになり、お互い
ストレスを抱えて終わるのが落ちです。

そこで間に入り弊社がウェブデザイナーと
お客様の通訳をやっている状態です。

またウェブではどういうことが大事で
どう徹底していくかを毎回しつこく何度も
伝えるようにしています。
私もウェブのお客様には同じことを毎回
何度も伝えています。

ウェブだけではないですが、弊社の価値の一つ
として

「通訳」

があるなと思います。
専門家のいうこともわかり、お客様が専門用語で
どこで躓くかもわかっているのが日本語同士で
必要となる「通訳」でしょう。

難しいことをリテラシーの低い人でもわかりやすくする
リテラシーが低い人はどこがわからないか理解する

今後もISO、Pだけでなくウェブに関しても通訳的
機能を果たせたらなと思う。

よし!やるだけ!

「朝練のやり残しがあるよ」

毎日の朝練、今日は朝が早かったせいで一部できなかった。
一日河川敷で試合をしてきた上の子にはある意味酷な話だが
やると決めたことはやらせるのが私の信条だし、彼もそれは
わかってます。

いつもだったら泣いてやりたくないと喚くのですが
そこは私も学習しており今朝

「やり残しがあるよって言って駄々こねるなよ」

と予防線を張ってありました。
帰宅後ヘトヘトでしたが、

「いいよ、どうせやり始めたら楽しいし」

とコメントを残し、やり始めました。
そもそもサッカーは好きだし、うまくなりたい彼にとって
練習は実は楽しいもの以外の何者でもない。
だけどやり始める時に、面倒臭さがでてしまう。
その辺のことをよくわかってるんでしょう。

仕事でもサッカーの練習でも写経でもタイピングでも
日記でも何でもやり始めは誰でも嫌です。

やり始めをとっとと蹴りをつけたら後は
流れに乗ってやるだけです。

最初の面倒臭さにとっととケリを付けて
本当は楽しめることを始めます。

よし!やるだけ!
月2回はだいたい通ってる、
奥さんのご飯の次に好きなお店「鳥の道」に
今日も行ってきた。

鳥の道

この店のすごい所は

「うまい、安い、気が利いてる」

の三拍子が揃っているところだ。
そんなに食べるんかい!ってくらい
頼んで食べてもめったに1人3,000円を
超えない。
そんなに安いのにうまい。
ホールを任されてる奥さんは常に周りに
気を配り、頼んでいなくても飲み物が
空だとドリンクを持ってきちゃうし、
先読みして刺盛りも持ってきちゃう(笑)

そして電話するとなぜかお店には入れちゃう。
だけどお店はだいたい満席。

1回は行きたいミシュランのお店も好きだけど
今の私にとっては近場で気軽に

「うまい、安い、気が利いてる」

を体験できる鳥の道が嬉しい。

うちのサービスは鳥の道から学べるな
と感じました。

学べなくてもうまいから行きますけど(笑)

お金が続く限り、鳥の道に通います。
(と言っても3000円/人越えないけど)

よし!やるだけ!

p.s.
ランチはやってませんょ
継続こそ力なり

使い古された言葉だが、これほど
力がある言葉はないと思う。
息子に毎朝サッカーの練習とドリル
を課すのは継続の力を教えるためだ。

そして私が日記を書くのも継続する
ことのちからを信じ、継続すること
の大事さを自分の行動を通じて周り
に伝えるためだ。

自分が課した継続することを
継続できるかどうかが大事だ。

継続が途絶えてしまったら?
また始めれば良い。

3日しか続かなかった。
次は4日続ければ良い。

自分に課した継続することを継続できる
力を手にして欲しいし私もひたすら継続
する。

よし!やるだけ!
家康は三方ヶ原の戦いの後、
絵にその悔しさを刻んだ。
(しかみ像)

小山さんは新規事業の失敗を
椅子に刻んだ。

同じ間違いをしないようにするため
間違った意思決定の代償の大きさを
忘れないため

この日記の継続も私の悔しさから始まった。
ツイッターのアカウントの背景は
家康のしかみ像

できれば刻むような失敗をしたくない。
しかし進めば失敗をする。
それでも進むしか道はない。

自分の失敗を戒めながらそれでも
進んでいきたい。

よし!やるだけ!
武蔵野様の店長会議、進捗会議を経て
進捗会議をできるだけ忠実に真似て
始めました。
一言いいですか?

「良い!」

現場の生々しさが会議を通じて私の
中に流れ込んでいきます。

良いことも課題も

同時に恐ろしくなりました。
どれだけ現場が見えてなかったのか
思い知らされました。
ここ3年ほど毎月毎月仕組みが変化
し続けていますが、今年も1月、2月から
どかどかと仕組みが変更されています。

私がぎりぎり持ってるなと思うのは
有視界飛行から計器飛行の必要性に
気づくことができ、そしてタイミング
よく店長会議、進捗会議をみさせて頂
き、計器飛行になんとか乗せられそう
なことかもしれません。

なんとなく見えなくなりつつある経営
をぎりぎりのところで手繰り寄せてる気
もします。

課題は山積。
それでも前に進みます。
会社、従業員と一緒に私も成長します。

よし!やるだけ!

1.事件や事故を隠すのもその組織の文化。
2.事件や事故の事を大きくするのも組織の文化
  会社が抱える改善点としてみんなで共有する
  文化

どちらも組織の文化だから正しい。
武蔵野の小山さんがそうおっしゃられていたことを
昨日唐突に思い出した。

じゃあどちらの文化に築きあげたいか?
できれば2でありたい。
2とするための土台とはどんな感じなんだろか?
今、私のみんなへの接し方は2に行くための
ものになっているだろうか?

風通しがよく、改善点も見え、共有出来る組織
にしていけたらなと思う。

よし!やるだけ!
社内メンバーと話をしていて思ったのは
タブーって結構みんな持ってるんだなと
いうこと。

そしてそのタブーって勝手にタブーだと思
っているだけで本当にタブーなのか?とか
タブーはタブーなりの触り方があると思う
のにタブーということであきらめてしまっ
ている、または逃げ道にしすぎてる感って
あるなということ。

タブー

というとどうしても触ってしまってはいけない
ものという認識にとらわれすぎかなと思う。
例えば

不況=悪い、会社の業績を落とす

というのと同じではないかと思う。
不況とはある意味経済の状況であって決して
1企業の状態を示すものでもない。

そしてみんながタブーだと思うことを知ること
にはメリットもあるでしょう。

少なくてもタブーの触れ方を知るだけでコミュニ
ケーションの幅が広がる。

都合の良い言葉に振り回されずタブーへの触れ方
を失敗しながらも学びより幅の広いコミュニケー
ションが出来るようになってもらえたらと思うし
私もタブーに触れていけたらと思う。

ちなみに私は触れられたら困ることは一切ありません。
何でも聞いてください(笑)

よし!やるだけ!


今日はご縁を頂き、某サッカーチーム関連の方が
会社までお越しいただきました。
すっかりサッカー熱が熱くなっている私には
すべての話が輝いて聞こえた。
そして何らかの形で関係性を持てないかと
思うようになった。

といっても関われるとすれば会社と組織のお付き合い。
会社と組織のお付き合いとなれば弊社は一応
(じゃなく、完全に、100%)営利法人なわけだから
営利目的がなければお付き合いするも何もあったもの
じゃない。

ただなんとかしてお付き合いしたい。

ここはやっぱり弊社の働かせ方の一つの

「不純な動機」

を働かせるしかない。
このサッカーチームと関わることで弊社が営利を
得ることができれば良いように画策すれば良いと
いうことになる。

全力で不純な動機を働かせます。

よし!やるだけ!

「いつも同じ所に座っていると腐る
 武蔵野では2ヶ月に一度レイアウト
 変更があります」

先日環境整備点検評価をしていただいた
武蔵野のTさんが教えて下さいました。

あまり自分の席に座っていることは
ないし、まだ引っ越して1ヶ月弱です。
コンサルタントはフリーデスクとなり
自分の座席はなくなったものの
なんとなく定着しつつある今日このごろ
でした。

私は一応自分の座席があるのでついつい
自分の座席に座りがちですが、ちょっと
気分を変えてフリーデスクに座ってみま
した。

座席や座る向きを変えるだけで得られる
開放感。

飽きっぽい私にはある意味オフィスに居
るときはいつも違う場所に座るくらいで
も良いのかもしれないと感じました。
また普段あまり距離を詰められないスタッフ
とも距離を近づけることができているような
気もします。

大阪オフィスにいるときは特に座席に気をつけて
座ってみようと思います。

よし!やるだけ!

写経が終わったのでマネーの拳という漫画を
読み返してます。多分4度目くらい。
アホなんで何回読んでも新鮮に読めます(笑)

マネーの拳

元プロボクサーで世界チャンピオンだった人が
ビジネスで成功を収めていく話です。
ここに登場する会長の言葉が力強く、
ビジネスを悟ったようなこんな言葉の一つでも
私が使えればもっと違うんだろうなと思います。

ビジネスのヒントが沢山ありやってみたい!と
思わずなるんですが、実際にこの通りに行くか
は定かではありませんし、今のところそんな予定は
ないです。

読んでいて一つ思うのは作者は人の心理、購買心理
を的確に掴んでるなと思うことです。

「こういう展開って痛快だな」
「こうなったら読者を惹きつけられるだろうな」

そういうことがわかってないと書けないだろうし
売れないだろうし面白くないだろうと思います。

マネーの拳を面白く読み、会長の言葉に感銘を受けながら
作者が読者心理をどうしようとしているかも
考えて読めたらと思う。

よし!やるだけ!

最近社内からよく聞くのが

「仕事との付き合い方」

についてだ。
弊社では師匠の教えの一つである

「仕事の中に人生がある。仕事を楽しもう」

という価値観がある。
私が今の暮らしができているのは仕事のおかげ。
私の息子が今の暮らしを出来ているのも仕事のおかげ。
奥さんも、従業員も今の暮らしができているのは
仕事のおかげだ。

かといって100%仕事モードかと言われると
私も決してそんなことない。
家族との時間も作っている。

仕事とどう付き合うか?

彼女・彼氏がいない状態ならあんまり深く考える必要はない。
彼女・彼氏がいると配慮が必要になってくるだろう。
そして今の彼女・彼氏がどの程度の存在か考える必要もある
だろう。
仕事以外からもストレスが出てくるわけだ。

夫婦だとさらなる配慮が必要だろう。
仕事で疲れ、ストレスを抱える。それは相手も一緒であることを
理解し自分のストレス解消だけを相手に求めないようにしたり
相手の状況を鑑みて接したりケアしたりする必要があるかもしれない。


じゃあ自分はどうするか?
それも考える必要があるだろう。

自分なりのストレス解消を見つけるのも社会人としての大事な
ことなのかもしれない。

もうひとつ考えて欲しいのは

「ストレスがないのは楽しいか?」

ということだ。
成長する、成果を得る、やりがいを得ると思うとなんらかのストレス
を自分に掛け、チャレンジするから得られるものだろう。

つまりストレスは成長する、成果を得る、やりがいを得るためには
必要な要素と言える。
しかし過度なものは問題。

その辺もマネジメントしないと行けないんだろなと思う。
決して見えないストレス。
どう付き合っていくか私も考えたい。

よし!やるだけ!
アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このアーカイブについて

このページには、2014年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年1月です。

次のアーカイブは2014年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ