写経(経営計画書を書き写す)は必要

家族が寝静まってから今月中にやる必要がある
経営計画書の写経をやってます。
ようやく終わりが見てきました。
残りは16サイクルの年間スケジュールです。

経営計画書、全110ページ。
正直写経するのはほんとうに大変だけど
書いていると

「ああ、やっぱり写経したほうが良いな」

と思います。
みんながやる意味は弊社のルールを知る意味が
ありますし、私がやるのは書きながら修正したい
ところに気づくためでもあります。

毎年(といっても2年目ですが)ご脱字が多すぎて
チェックの甘さを痛感します。
内容に関しても詰めの甘さが目立ち、書き直したい場所
や古いものが残ったままのものが散見されます。

何より経営計画書は経営に携わる貴重な時間でもあるな
と思います。

老体にムチを打って残り16ページ+αを何とか仕上げたい
と思います。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1346

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2014年1月26日 01:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「意識は数字に顕著に現れる」です。

次のブログ記事は「ちょっとは考える」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ