意識は数字に顕著に現れる

今週の前半まで新規のお客様受注の動きが
鈍かった。

なぜ鈍かったかというとプロセスの監視
が徹底されていなかったからだ。
まず販促が止まっていたのに私、古江を
始め販促系の担当が気づかずほったらかし
だった。

また週毎に出していた販路毎のデータも
出されていなかった。

それらが全て動き出した瞬間、数字は動き
出した。

同じことが他の事象でもあった。
ある管理表の更新が滞っていた。
滞ったと同時に問題が頻発し問題の解決に
奔走することになった。

問題は外にあるのではなく大抵中にある。
計器をしっかり備え、仕事がしやすいように
備えたい。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1345

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2014年1月24日 22:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「有視界飛行から計器飛行へ」です。

次のブログ記事は「写経(経営計画書を書き写す)は必要」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ