有視界飛行から計器飛行へ

先日?連日武蔵野様で幹部を含め勉強させ
ていただいた。
昨日は進捗会議を拝見させていただいた。

見させて頂き、感じたのは2点。

1)私がやっていたのは見せないくせに
  有視界飛行をしようとしていた

2)幹部とは本当に名ばかりで本当の
  幹部の使い方ができていなかった

進捗会議の見学を踏まえて具体的に行動して
いくこととして  

1)計器を使った飛行への切り替え
2)幹部を活かせるような仕組みづくり

を決定しました。
最近ある課題が出ているのですが、おそらく
その辺も有視界飛行の限界からなんだろうな
と思います。

自分が現場を見ることも大事ですがそれと同じくらい
にすべての現場を見ることは出来ないことも認識する
必要があります。
そしてそのために計器を備え安全運行できるように
することが喫緊の課題解決なんだろうと思います。

計器飛行にすみやかに切り替えます。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1344

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2014年1月24日 00:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「山口陰謀説」です。

次のブログ記事は「意識は数字に顕著に現れる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ