プロへの始まりを感じる

弊社では後日報を送るというルールがある。
後日報と書いているが、まあ日報だ。
なぜ後日報かというと先日報があるからだ。
先日報は今日のスケジュール
後日報は今日あったことの感想

後日報は毎日40人近く送られてくる。
それ以外にもサイボウズライブでの情報が200件
LINEが300件
Gメールが300件

情報が沢山ある中で後日報は優先順位を上げて
見ているものの一つだ。

なぜなら成長に合わせて感想が変わってくるからだ。
プロと素人の違いは何かと言われると

「違いがわかるかどうか」

だと思っている。
素人が見たら一緒でもプロから見たら沢山の違いがある
ことが認識できたらプロの始まりと言って良いと思っている。

入社の時期や期間にかかわらずプロに近づいているな
と感じさせる後日報となんにも感じない後日報が残念ながら
ある。

だれでも最初は素人だが違いに気づき少しずつ自身に取り込み
プロになっていく。

そういう意味で後日報は定性的なデータの定点観測として
非常に価値があるものだと思っている。
そしてその成長過程を見るのが単純に面白い。

これからも後日報の感想に関して定点観測し成長過程を
楽しみたい。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1339

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2014年1月19日 01:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「理想像を持ち共有する」です。

次のブログ記事は「切磋琢磨」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ