わかりやすく繁盛店を装う

予定が2転し結局時間が空いたため整体へ。
訪問した整体、色々検索するといつも出てくる。
自分の体のこともそうだが一体全体この整体
がどれほどのものかを体験する意味も込めて
行ってみた。

お店に入るとまずげんきな声で挨拶された。
お客様が賑わい活気づいている。
しかも女性のお客様が多い。

お店に関して私のような素人でもここは繁盛店
なんだろなと感じた。

・ネットでよく登場する
・げんきの良い挨拶
・商品やサービスに関して細々書かれた
 沢山のポップ
・女性を気づかうひざ掛け
・お店の人に愛着を持ってもらうための
 お店の人の紹介
・女性が入りやすい雰囲気を意識した色調
・どのお客様がどのサービスを受けているか
 名前とサービスの見える化されたボード

全てがお店の繁盛のために向けられた
ものだなと感じた。

一方で再訪させるためのトークやツール。
今後どうしていくことで体調が良くなるかの
ロードマップ。
そうすることでどんな得なことがあるかの説明。

早い時間は女性が8割だったが徐々にお客様は入
れ替わり、私が変える頃には男性のお客様が8割
になっていたのも面白かった。

繁盛することに向けた全方位的な策、うちでは
まだまだ隙間がある方位があるのかもと感じる時
がある。

繁盛店を体験し見習いたい。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1335

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2014年1月14日 22:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「愛着をもつ」です。

次のブログ記事は「細かいところこそ揃える」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ