外国や外国人さん

長野県の地獄谷と呼ばれるところに来ています。
猿が温泉に入っている姿が有名です。
海外の雑誌かなにかで猿が温泉に入った姿の
写真展があり、その影響か外国人が多かったです。


実家でたまたま相撲を見ていて思ったのですが本当
に外国人が増えたなと思います。
割合はどんな感じなんだろか?感覚的には4割から
5割は外国人なのではないだろか。
確かに今の御時世、どれほど年収がよくても日本人
で相撲という過酷な世界に行こうと思う人が減ってき
ているのかもしれません。

先週、いやもっと前から日本のブルーワーカーの人手不足
が言われ続けているなと思います。特によく聞く話が
ドライバーです。

また都内ではコンビニの店員さんは遅い時間になれば
なるほど外国人が多いです。

これからの日本において日常的に外国人を意識する機会は
益々増えるんだろうと思います。

私どもの会社でも一時期外国人がいたくらいですから。

外国、外国人との関わりに関してあっさりしつこく
自分の中に想定内に入れていきたいと思います。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1333

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2014年1月12日 22:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今日の師匠は息子」です。

次のブログ記事は「愛着をもつ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ