意思決定も環境整備する

今日は東京・大阪メンバー全員集合で各種ミーティング
や明日の経営計画発表会の練習、昨年の振り返りなどで
終日終わりました。

途中には一応アイドルタイムがあるんですが、今年に入って
改めて増えたなと感じるのが意思決定やチェックを求められる
回数です。

「山口さんちょっと良いですか?」

から入り、確認して下さい、チェックしてください、署名してください
判子押してください、、、、、、

おそらく弊社は色んな意思決定を出来るだけ省く仕組みづくりを
している自負があったのですが、ここに来て細かな意思決定機会
の多さに本当にびっくりしています。

これが100人規模になったら毎分意思決定をしている状態になるんだろうな
と感じると同時に、一層意思決定の重要度が増していくんだろうということ
を実感しました。

ある意味では一つ階層が変わっているんにまだ一つ下の仕組みで運用してい
るため意思決定が必要になってしまっているところがあることと
意思決定を減らすための仕組みを構築し(意思決定の整理)重要な
意思決定に集中できる環境づくりをしていこうと思いました。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1330

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2014年1月 9日 22:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「KFS」です。

次のブログ記事は「応援頂いた恩返しは従業員教育で!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ