あなたの悩みは人類史上初の悩みか?

昨日の読書から自分の健康こそ仕事の
意思決定をする上で大事ということに
気づきました。

じゃあどうするかとなると私の場合
は徹底的にもがくのが通例です。
私がもがく理由は次のとおりです。

──────────────────────────────
1)たいていの課題はすでに同じように
 悩んだ誰かがいる。
2)たいていの私が抱える程度の課題
 はすでに解決策が出ている。
3)解決策はおそらく複数ある。むしろ
 選択することのほうが難しいくらい
4)多くの解決策の中でどれが当ては
 まるか分からないが結局やってみて
 合うものを探すしかない。
──────────────────────────────

実は1)2)の視点になれるかどうかってすごく
大事だと思うのは私だけでしょうか。
この視点になれたらほぼ自分がか抱える課題を
解決していくことが出来てしまうと思っています。

ということで具体的な今の私の課題は(おそらく)
頚椎からくる左肩から上腕までの痛み。
よく考えると

「痛い」

とか言っているだけでろくに検索も本を探す
こともしていませんでした。

そのため今日の「自分の時間」
(家族が寝静まってから自分が寝るまでの
 2時間程度)

では頚椎関係に関して家でできる事をいくつか
やってみました。

ここから先はどんどん試行錯誤です。
1ヶ月以内に解決させられたらと思います。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1323

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2014年1月 2日 23:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「非常識な成功をするための一歩を決める」です。

次のブログ記事は「『〜だからむしろ〜』構文を使いこなせ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ