見える化と見せる化の違い

| コメント(0) | トラックバック(0)
「掲示物は良いんですが、見せる化になってないかです。
結果が掲示されているときはたいてい見せる化になってます。」

「見える化と見せる化の違いは行動に影響するかどうかです。」

武蔵野のTさんからこう言われて正直「ハッ」とした。

数字を幾つか掲示している中で今の掲示物からどこまで行動に
影響させる内容になっているかと考えると思ったより掲示物
からの影響が小さく、結果のみを掲示しているものが多いのか
気づかされた気がします。

単に数字を掲示することが重要ではなく、掲示することによって
行動に変化が出たかどうか?


その観点で行くと啓示すべき内容は変わってくると感じました。
少なくても今の結果中心の掲示ではなくなるしょう。

環境整備プログラムが後1回で終わるという時にある意味
次のステージの環境整備、情報整理、見える化のテーマを
もらった気がします。

何を掲示し何は掲示する必要がないかに関して

「行動が変わる」掲示

を模索できたらと思います。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1303

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2013年12月13日 23:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「気づけることの大事さ」です。

次のブログ記事は「見える化スキルを2倍速で身につける」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ