気づけることの大事さ

| コメント(0) | トラックバック(0)
今日は5回目の環境整備点検でした。
結果は

東京105点/120点
大阪105点/120点

大阪が2連勝中だったのですがとうとう
並びました。

正直勝ち負けはどっちでも良いかなと思うのですが
競い合って、切磋琢磨されて両方が伸びれば良いな
と思っています。

環境整備点検も残す所あと1回。
今日の武蔵野さんからの話ですとこれで最後になり
そうです。

この5回で最初は50点にも届かなかった中で105点まで
これたのはある意味すごいし、うちのみんなは働く意
識を高く持ってやってくれてるんだなと感じます。

ありがたいことだなと思います。

そういう意味ではこの短期間でレベルアップしたなと
感じたことが一つあります。
それは

掲示物の不整合に気づけた

ということです。
これまでは書かれていれば良いという感じだったかもし
れませんが、整合性を取る行動をお願いしたら数字の
おかしさに気づけてきました。

同時にうちの会社のレベルを知ることが出来、まだまだ
先があることも認識できたのではないでしょうか。

私に先を示されるだけなのと自分たちで気づけたのでは
インプットの入り方は全然違うことでしょう。
気づけるということはインプットが多いだけでなく
感覚としては嬉しい、楽しいのではないでしょうか。

自分で行く先の未来を実感できたわけですし。

気づけたインプットを基に見えた次のステージのレベルを
目指してもらえたらなと思います。
そしてみんなが気づくことを応援出来たらと思います。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1302

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2013年12月13日 00:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「1年で日本一の事業を創造する」です。

次のブログ記事は「見える化と見せる化の違い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ