貧乏でも貧乏症になるな

| コメント(0) | トラックバック(0)
東京メンバーのS君が携帯電話のコード
の角度を一生懸命調整していた。誰でも
一度は経験があることだろうから私も何
をしているかわかる。

接触が悪くなったためうまく充電できな
くなっているのだ。

果たしてその時間はいるだろうか?
見る限り今日からということではなさそうだ。
少なくても数日は接触の悪いコードを
使い続けていたことだろう。

角度によって充電される微妙なバランスは
充電されないストレスと何度も調整ストレス
と両方を抱える。

はたしてそのストレスを抱える必要がある
んだろうか?

ではコードは一体いくらだろうか?
おそらく1000円もしないことだろう。
しかもwifiで使用している会社支給の携帯電話
なんだから、私に言えば会社の経費で充分買って
あげられるものだ。

お金があるとかないとかの問題ではなく
思考が貧乏、貧乏性。

こんなことをなぜ書くかというと私もパソコン
の電源で同じようなムダなストレスを抱え続け
たことがあるからだ。
私が抱えたストレス期間のほうがおそらく長か
ったことだろう。

つまり私も貧乏性だった。

そしてある時このストレスがムダだと気がついた。
コードを買えば開放される。

今ではコードに関しては貧乏性は脱却できた。

貧乏か貧乏じゃないかは別にして低コストで
簡単に解決できる貧乏性がまだまだ自分の中に眠
っていることだろう。

おそらくこの貧乏性を減らすことが貧乏からの
脱却なんじゃないかと思う。

一つでも多くの貧乏性をなくしていきたい。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1300

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2013年12月10日 22:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「経営計画発表会の理想の失敗の仕方」です。

次のブログ記事は「1年で日本一の事業を創造する」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ