経営計画発表会の理想の失敗の仕方

| コメント(0) | トラックバック(0)
「後1ヶ月を切りましたね」

武蔵野の伊藤さんから言われ、初めて

「はっ」

と気がついた。
経営計画発表会の開催まで1ヶ月を切っていたのだ。
さらに

「練習しておいてくださいね。小山も何度も練習して
ますよ。時間をちゃんと測ってないと予定通りに
終わらないんですよ」

と武蔵野の伊藤さん。
経営計画発表会はうちの従業員を銀行様にお見する
儀式だと思いこんでました。しかし従業員を見るだけでなく
当然経営者である私も見られるわけです。
私のパートも30分程度あり、それはそれで重要だと
伊藤さんに伝えられました。

気がつくと何も読む所決めてない。

まだ経営計画書も完成してないし。

1回目なので失敗はするわけですが、失敗するにしても
練習し仮設を立て失敗するのと、なにも策を講じず
仮説も立てずにやるのでは大違いです。

今の自分の分かる範囲の段取りをしっかりし仮説立て
をし失敗できればと思います。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1299

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2013年12月 9日 23:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「上に立つ人間の重要さ」です。

次のブログ記事は「貧乏でも貧乏症になるな」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ