意思決定を後回しする意思決定

| コメント(0) | トラックバック(0)
明日は会社の引っ越しで出社する。
引越し日が決まった後息子の試合の話が舞い込んできた。
うーん、悩ましい。
奥さんからは

「できれば途中からでも言ってほしいな。ちょっとさびしいんだって」

確かに1年生の子はだいたい親がついて来ている。
昼飯を一緒に食べたり、ある程度面倒を見たり
応援したりしている。

ぼくも何の予定もなければ普通に見に行っていたことだろうし
なんなら一番応援しまくってるし、応援しまくり、気合い入り
まくりくらいだ。一人でご飯を食べさせるのもちょっと可愛そ
うな気もする。

しかし別の視点で子供を強くするなら一人で食べさせたりする
のも大事かなとも思う。直接応援されなくても頑張れるかどうか。
どこまで親の応援や付き添いがパフォーマンスに影響するか。

親離れ、子離れ。
寂しいが必要なこと。
それがいつかはわからないし、今回と関係しているかわからない。
意思決定があっているかわからない。
しかし決める必要がある。
まだ猶予はある。

明日はどうするか。
とりあえず一端は引っ越しに行き、その後決めよう。
後回しも大事な意思決定の一つ。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1312

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2013年12月23日 00:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「方向転換」です。

次のブログ記事は「プロの視点を見せられたらプロ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ