教えることで学ぶ

| コメント(0) | トラックバック(0)
今日は某所で弊社I君に弊社商品に関するプレゼンを
をやってもらいました。
お疲れ様でした。
最初から完成度が高かったので心配はしていなかった
のですが、しっかり弊社を紹介出来ていて素晴らしか
ったと思います。

最大の狙いは弊社の商品をI君に知ってもらうことでした。
今回をきっかけにしっかり弊社商品の事を理解できたので
はないかと思います。

I君は23歳。
私と約20歳の差があります。

最近は直接何かを指導する機会もなかったのですが、彼との
やりとりを通じて今の23歳の一部を理解でき、私自身も多くの
学びがあったなと感じます。

私は社会人になって16年。彼は約6ヶ月。

この差は想像よりも大きかったです。
逆にI君は私との5回以上ものロープレのやりとりと修正にもめげず
に辛抱強くやってくれたなと思います。

まだまだI君を教育していく必要性がありますが、教育を
通じて私自身も学んでいけたらなと思いました。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1282

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2013年11月23日 00:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「足りてる世の中で有効な引き算を極める」です。

次のブログ記事は「蛇の道こそ蛇に教わる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ