美容師さんにはかなわない僕の奥さんへの影響力

| コメント(0) | トラックバック(0)
奥さんが美容院でどうやら私が使った炭酸泡シャンプーを
同じように勧められたようだ。

「使ってる?週に1回くらい使ったほうが良いって。頭皮
の炭酸泡洗浄で顔の皮膚のリフトアップ効果もあるんだって」

半年以上前から私が使っていたが、私が使っているだけの時は
ほぼ興味を示していなかった。
むしろ余計なシャンプーがあって邪魔くらいな感じだったかも
しれない。しかし美容師さんから勧められ、買ってきて逆に
私よりも炭酸泡シャンプーの先導者になっている。

同じものや同じことでも伝えられる人が変われば伝わり方が
変わる。美容師さんがシャンプーを勧めれば説得力はあるが
素人の私が勧めてもそれは説得も何もない。

「へー」

くらいなものだろう。
プロフェッショナルの一つの指標として発言したことの
影響力がある。
伝えることによって行動を変えられればプロフェッショナル
伝えても行動を変えられなければまだまだ素人

自分がどちらだとしても大事なことは自己認識だ。
プロフェッショナルであれば信頼付をしっかりして
裏付けのある発言でお客様や相手の行動に影響させていけば良い。

素人であるならプロフェッショナルを使って
伝えることで自分が達成したいことや影響させたいことを
実現すれば良い。

自分の専門分野ではプロフェッショナルとなるべく
技術を磨きながら自分が素人な分野ではプロフェッショナル
を使いコミュニケーション出来るようにしようと思う。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1275

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2013年11月15日 20:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ネットのポテンシャル」です。

次のブログ記事は「自立した社会人について考える」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ