「えさ」に敏感になる

| コメント(0) | トラックバック(0)
フェイスブックで

「ケンタッキーはご飯に乗せて食べると?美味い」

という記事を見つけた。
そうかあ、これ、息子の「えさ」になるかな。。。

「◯◯君はいつもハルカスでご飯食べてる。いいなあ」

上の息子がつぶやいた。
これは確実に息子の「えさ」になる。
不純な動機付けで動かすことを考えると「えさ」に
敏感になる必要がある。
どんな「えさ」が動かす動機付けにつながり、どんな
「えさ」が動かないのか。
これも仮説検証だ。

改めて考えると毎回「えさ」を考えるのは大変なことかもしれない。
動機付けされて、費用も安く、何回でも「えさ」としての
効用があるものを探すに越したことはない。

これは会社のみんなに対しても同じだ。
もっと「えさ」に敏感になり、みんなを不純な動機で動かせるように
なります。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1269

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2013年11月 9日 23:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「経営を理解する最も濃密な1時間」です。

次のブログ記事は「処理速度をあげる。人もパソコンも。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ