譲れる条件と譲れない条件が合ったらお願いします。

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は某人材会社様で採用のための会社説明会を

開かせて頂いた。

ありがたいことに14名もの求職者にご参加頂いた。

40分ほど話す中で何人かとやりとりをする。

人を見るというほどではなくカジュアルに、説明会

を受け身にしたいためくらいのやりとりだ。


いつも思うがちょっとしたやりとりながらも

多くの情報やちょっとしたフィーリングが流れ込ん

でくる。決してフィーリングだけで採用しようと思わ

ないが、フィーリングも軽視するつもりもない。


改めて第一印象やファーストタッチって大事だなと

思う。

私自身も見る側でありながらも見られていることだ

ろう。

求職者にはどう写ったんだろうか?


いつも思うことはよく見せようと思うのではなく

あるがままを見せようと心がけている。

良い所も悪い所も見てもらいたい。


借りるマンションを選ぶときにすべての条件を満たす

マンションはない。

仮に一軒家を作ったとしてもすべての条件を満たす

家は作れないだろう。


譲れる条件と譲れない条件がある。

日当たり、部屋数、向き、音、駅からの近さ、家賃


その辺の譲れるものと譲れないものが合致して

弊社を希望してもらえたら嬉しいなと思う。


そういう意味では弊社としても譲れる条件と譲れない条件を

もっとわかりやすく、チューニングしていけたらと思う。


よし!やるだけ!


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1265

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2013年11月 5日 21:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「三連休は三倍苦な主婦?」です。

次のブログ記事は「最初から決めてました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ