ミッション・インポッシブルで良い

| コメント(0) | トラックバック(0)
ミッション・インポッシブルを見るといつもビジネスのことを
考える。ビジネスの目標はたいていミッション・インポッシブル
なものにするのが師匠からの教え。

映画のミッション・インポッシブルではミッション・インポッシブル
なミッションをポッシブルにしないと命にかかわる。

しかしビジネスの目標がミッション・インポッシブルなのはストレッチ
な目標なだけだからミッション・インポッシブルで良い。
むしろポッシブルな目標だった場合は会社のポテンシャルを見誤っている
という経営者の甘さと考えられる。

今年も後2ヶ月弱。
当初の目標数値は相当なことがないと達成できない。
しかし一つのことは幹部では共有できたのではないかと思う。

もし年始から今のポテンシャルを把握し資源をてきせtに割り当て実行
していたらもしかしたら達成できてしまったのではないかと。

そして来年はもしかしてさらにペースアップを図ることが出来るん
じゃないかと。

そろそろ私はみんなより先に来年のミッション・インポッシブルな
目標を掲げる必要がある。
ミッション・インポッシブルは完全なミッション・インポッシブル
ではなく届きそうな雰囲気のミッション・インポッシブルである
必要がある。そして決してミッション・ポッシブルにならないように
する必要もある。
その見極めが難しい。

会社の力を信じ、一見無謀と思える目標を掲げ、僅かなところで
達成できないという完璧なミッション・インポッシブルを実現できたら
と思う。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1263

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2013年11月 4日 00:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「鶏口牛後」です。

次のブログ記事は「三連休は三倍苦な主婦?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ