やり過ぎはやらなさすぎでもある

平日、久しぶりに息子たちが起きてる時間に帰宅出来た。
ここ1年くらい社内のノミニケーション中心だったためだ。
社内ノミニケーションをやり過ぎと師匠から叱られ、ほんの
少しだが是正する予定を組んでみた結果だ。

あることをやりすぎているということは
あることをやらなすぎている

ということでもある。

自分が大好きな仕事にかまけて
自分が大切にすべき家庭をないがしろにしていた

とも言える。

これからも基本的にはやり過ぎながらしか進めない
のですが、自分の至らなさを師匠や諸先輩方、または
社内のみんなにご助言いただきながらやっていければと
思う。

最近は少しカリカリし過ぎかな・・・とも反省しております。

強かな組織とは統制がとれている組織

項羽と劉邦を読んで韓信が軍隊をきっちり統制をとっている姿と
弊社の統制が取れていない、たった1つの社内毎でも何日もかかっ
てしまう現実に苛立ちと焦りと寂しさを感じたりもします。

しかしカリカリしても始まらないのです。
結局一つ一つ同じ方向に向かせていくしかないのです。
あっさりしつこくやるしかないのです。

統制も取れるようにしつつ、カリカリしすぎず、家庭を
ないがしろにしすぎず、仕事も手抜きしすぎず

ああ、すでにやりすぎてるのかもです。
まだまだ未熟なのでバランスを取れなくてすいません。
多分バランスとりません。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1218

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2013年9月19日 23:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「感動モノでした。」です。

次のブログ記事は「うちの最大の武器の使い方を考える」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ