立派なおっさん、立派なくそがきに気づけた日

「気の効いてる店員さんと美味い料理のお店」

に行きたい!
無性にそう感じました。
渋谷、新宿は大都市で個店は少なく、一見さん、新規のお客さん
でやっていけるんだろうなと感じます。
そして料理がうまかったら食べログで上位表示され
どんどん新しいお客さんがやってくる。

確かに美味い料理は魅力的ですが、それだけではなんとなく
満たされない気持ちに気づいてしまいました。
大阪ならいくつかそんなお店があります。
そんなんだったら家帰れば良いんじゃないか
そうとさえ感じました。

「っは!」

「もしやこの気持は・・・・・・」
「新橋のサラリーマンが気の利いたおかみさんがいる
 お店にいく気持ちなのかもしれない!」

「っは!」

「ということは僕も新橋にいるおっさんと一緒なんだ」

気づいてしまった。おっさんの気持ち。おっさんの境地。
そうかあ、多分新橋のおっさんたちもこういう気持ちなん
だろうな。
大阪だったら本町のおっさん。

そりゃ私もしっかりおっさんだし、そろそろその境地が
わかって良いお年ごろなんだろうなあ。

「っは!」

「これはもしやうちのガキどもと同じで『ママ』を求めてる
 んじゃないだろか」

なんだ私も1人のクソガキなんだな。

立派なおっさん、立派なくそがきに気づけた日でした。

よし!やるだけ!

p.s.
気の効いた店員さん(おかみせん)とうまい料理のお店
を渋谷ー新宿近辺でご存知でしたらぜひお教えください!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1210

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2013年9月11日 22:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「毎月の現地見学会だからこそ学びがある」です。

次のブログ記事は「何しにうちの会社に入りに来るのか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ