失敗から学んでいる事例

実践経営塾6講の予備校から参加しています。
予備校に参加した経営者の諸先輩方とタクシーで
穂高の繁華街へ夕食を取りに行きました。
お店を選んだのはK社長でした。

どの料理もリーズナブルで美味しく驚きでした。
一緒にいた社長から

「そういえば駅前のお店で失敗しなかった?」

との突っ込み

「そうやねん。今回もこういうことがあると思って
調べてきてん」

さすがK社長。失敗してもタダでは起きません。
失敗を糧に起こりうる未来を予測し事前に調査され
みんなを成功へと導きました。
私も導いていただいたのでジャンケンの結果ごちそう
させて頂きました。

日々多くの意思決定を失敗しています。
違いが出るのは失敗を糧にできるかそれとも同じ失敗を
繰り返すかでしょう。

失敗を糧にできる経営者となれるように失敗を記憶し
未来を予測し、事前に調べ、関わる人を成功へと導けたら
と思います。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1201

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2013年9月 2日 23:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「他業種、他地域、都心からパクる」です。

次のブログ記事は「丼さえない自分に気づく」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ