ステージ2も真剣に!

ノートとペンを取り出し、箇条書きを始めました。
1.ラダー
1)
2)
3)
・・・・
・・・・
・・・・
2.ドリブル
1)
2)
3)
・・・・
・・・・
・・・・
3.1対1
1)
2)
3)
・・・・
・・・・
・・・・
4.フェイント
1)
2)
3)
・・・・
・・・・
・・・・

息子のサッカー熱は思ったより熱く、そして私も負けじと
息子にお金と手間をかけています。
そしてより次元の高い世界に触れると刺激を受けます。

サッカーを真剣に初めて1年弱。
基本のリフティングとドリブルを中心に簡単なトレーニング
をさせてきていました。それ以外はスクール任せでした。

しかし本気モードの親に触れるとスクール任せだけでは
ダメなのかなと感じ始め、スクールや地域のチーム練習がないときの
練習をより精緻に作り始めました。

いよいよ息子をプロにできるかの実験段階もステージ1から2に
上がってきたのかなと感じます。

社会人になって起業して思ったことの一つに

「物事に真剣に取り組む、向き合う人はかなり少ない」

ということです。
特に日本人は真剣に向き合うことはかっこ悪い的な
イメージを持っている人や最初から諦めてしまう人が
多いような気がします。

起業して紛いなりにも今の成長段階までこれたのは
確実に真剣に取り組んだからかなと思います。

そして同じノウハウを息子でも実験です。
果たしてステージ2から上に行き、プロまで行けるか
真剣にチャレンジしてみようと思います。

そして真剣に取り組むことの大事さを感じてもらえたら
と思います。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1183

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2013年8月16日 00:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「休日ダイヤで8月後半をスタートダッシュできるようにする」です。

次のブログ記事は「微差を届くんじゃね?と思わせられるか」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ