技術スキル以上に重要な楽しむスキルこそ身に付ける

「アンケート記入後各自お帰りください」

内定者研修が終わるアナウンスが流れた後、2人がいきなり
会場の出口までやってきた。
なんと我が社の内定者3人のうちの2人だった。

採用担当Tさんに聞くと

「アンケート書いておくように伝えておきました」

とのことで終了後すぐに出口までこれたわけだ。
2日間の研修で他のどの実習でも遅れを取っていた
が帰り支度だけはピカイチというのが我社らしくで
気に入った。

我が社では

「仕事が出来る奴は帰り支度が早い」

と言われている。すいません私が言っている。
まさにそれを体現してみせたわけだ。

欲を言うと採用担当Tのように東京に残り東京で遊んで帰る
不純な動機を持ちえると立派なビジネスマンとなれることだろう。
(あ、1人遊んで帰るよね。正しい!)

仕事の技術スキルは1年もいれば否が応でも身につけられるものだ。
一方仕事を楽しむスキルは「楽しもう」と思わないと身につけられない
高度なスキルだ。

技術スキルを身につけるより楽しむスキルのほうが確実に難しく
確実に楽しく確実に重要だ。

楽しんでやれていれば技術は後からいくらでも身につけられる。
仕事を楽しむスキルを4月までにみがきあげてもらえたらと思う。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1178

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2013年8月10日 23:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「現実を知る」です。

次のブログ記事は「脇の甘い親でごめんなさい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ