現実を知る

武蔵野様開催の内定者研修にオブザーバー参加しています。
トイレに裸足で入るのに躊躇する内定者。
それをみて

「え?躊躇するんだ」

と正直びっくりしました。
なぜなら私の場合あまり抵抗がなく、入れてしまうからです。
そしていざ入るとなってもまだまだ抵抗感がありながらの
入場です。

ある意味私と内定者がどれほどギャップがあるか、その現実を
見せられた気がしました。

掃除実践が午後だったが午前中も現実をつきつけられる事があ
りました。
それは矢嶋さんの講義に爆睡する内定者です。
矢島さんのいわゆる漫談には随所に見せ所、気づきどころがあり
ぜひ聞いて欲しいと持っていましたが、もしやと思い何度も
確認しましたが、完璧に爆睡していました。

矢島さんの漫談は寝放題、飲み放題、食べ放題、トイレ行き放題
なので間違っているわけではありません。

一方でこれほど気づきの多い講義もないと思うのですが、届く内定者
とまだまだ届かない内定者がいるのも現実なんでしょう。

私を含め幹部がどれほど内定者や新入社員のためと思って言うことや
やることも多くの者は届かないんだろうという事がよくわかりました。
同時に最初から多くを求めすぎても無理なんだろうと思います。

弊社の三精神にある、まさに「あっさりしつこく」教育しタイミング
よく、そして継続的に教育するしかないんだろうと思います。

内定者を含めみんなとのコミュニケーション機会を大事にし少しでも
みんなに近づいていけたらと思う。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1177

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2013年8月 9日 21:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「成長するためには」です。

次のブログ記事は「技術スキル以上に重要な楽しむスキルこそ身に付ける」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ