説明して身につくスキルは1つもない

最近気になりだしたことの1つに部下に教える
上司の教え方です。
横に座りひたすら説明しています。
終わるかなと思っているとまだ説明しています。
1時間くらいは平気で説明しているかもしれません。
みんな、ごめん一言言っておきます。

説明して身につくスキルは何一つないです。

説明することよりも行動させよう。
行動させたら細かくチェックし修正。
そして修正されたものをチェックし修正。
うまくいくまで何度も修正。
一度に全部直さない。直せないことも多いから
細かくチェック。

行動→チェック→行動→チェック

を繰り返すことによって初めてスキルが身につく。
規格の説明がいると思っているなら大間違い。
じゃあ説明して全部身につくのか?

それだったらそんな楽な話ないよ。
全員まとめて私が規格解釈しちゃうよ。

くだらない規格解釈、身につかない長ったらしい部下への説明
は百害あって一利なし。

行動から身につけさせることを意識させてください。

よし!やるだけ!


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1169

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2013年8月 2日 00:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「プラス思考でなくプラス行動」です。

次のブログ記事は「退職した理由、入社理由、退職する理由の同一性から考える」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ