人は誰でも自分は見て欲しいが他人(ひと)に対しては 注意を払えない

「髪の毛きったのにさ、なんの突っ込みもなし?」

散髪後少し早めに帰宅し家族で何ヶ月ぶりかの夕食を食べる前
の出来事だった。
散髪しスッキリしたので奥さんからなにか言われるかなと
思っていたが、長男の帰宅とかぶり、夕食の準備の慌ただ
しさもあっていつもはツッコミが入る所が入らなかったの
で軽く振ってみた。

「私が切った時も誰も気づかないよ。10cm以上短くしたのに」

改めて後ろ髪を見るとずいぶん短くなっている。
あれ、いつ切ったんだろう。日曜日は長かったような・・・

「確かに短くなったね」

と言いつつ、なんてのんきなこと言ってるんだと心のなかで
自分に突っ込みを入れた。

人は誰でも自分は見て欲しいが他人(ひと)に対しては
注意を払えないところがあると常々思うし社内でももっと
人に関心を示そうと言いながら私自身が一番大切にすべき人に
関心を示せていないという現実。
受け止めねば。

まずは自分から家族や従業員にもっと関心を示していきます。
よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1119

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2013年6月12日 23:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「自立した社会人になるためには」です。

次のブログ記事は「良い習慣、悪い習慣を洗い出してみることから」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ