自立した社会人になるためには

今日の弊社の昼礼でのテーマは

経営理念
(5)自立
台風でも倒れない大木のように、自立した社会人になります!

だった。
改めて自立した社会人になるためにはどうしたら良いんだろう
と考えた。
自分的にはなかなか良い解かなと思うものが出てきたので
備忘もかねて書いておきたい。

1つ目は、自分の課題を見つけ解決策を仮説立て実行できること。
2つ目は、課題がなくなることがない不完全な自分を前提として
社会でどうやって戦っていくか考え行動できること。

どちらにも共通の点がある。
それは事故をしっかりと認識する必要があるということだ。
自分をしっかりと見つめ、過小評価もしない過大評価もしない、
等身大の自分を受け入れる。

課題を潰すにも課題を活かすのも自己認識が低いとできないことだ。
自分は何が出来て何が出来ないか知っているようで知らない。

弊社で経営理念で掲げている以上私もみんなが自己認識を高めること
に貢献したいし、そこから私自身や会社自身の自己認識を高められた
らとも思う。

私自身、自己認識を高め自立した社会人に少しでも近づけたらと思う。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1118

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2013年6月11日 23:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「結果は残酷なほどに正直」です。

次のブログ記事は「人は誰でも自分は見て欲しいが他人(ひと)に対しては 注意を払えない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ