もっともっと、もっと教育します。

今日からようやく環境整備プログラムがスタートしました。
みんなでいわゆる「矢島漫談」こと矢島さんのDVD鑑賞を
しました。

矢島漫談はトイレ行き放題、飲み物飲み放題、寝放題ということで
多くの人がそれを享受していました。
矢島さんの意図だし、仮に全部寝ていたとしてもインプットもゼロ
じゃないだろうから良いのではないかと思います。

一方で真剣に聞いてくれている人もいました。

ついつい社内のみんなに高い成果を期待してしまいますが
そもそもそんな高いせいかをあげられる教育をしっかりしてきたかと
改めて考えるとまだまだ足りていないと感じています。

・勉強しないのが当たり前
・行動しないのが当たり前
・働かないのが当たり前

そんな中でも会社は進化し成長し強くなっていく必要があります。
仕事を楽しめるように教育をしていくのは経営陣の役目。

みんなが仕事をやりやすく、仕事を楽しめる環境、仕組み、教育
をもっともっとしていく必要性を感じました。

私のマインドがまだまだ低いってことだなと感じました。
同時にみんなの個人的なスキルややる気に依存して頑張って
もらえてるからこそ今が成り立っているんだろうなと感じました。

そんなみんなに答えるべく、教育をもっともっと積極的にやることで
少しでも多くの成果を手に入れられるように出来たらと思う。

人数が増えたからって弱くなったらおしまい。
人数が増えていっそう強くなれる、土台がしっかりした会社に
なれたらと思います。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1114

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2013年6月 7日 22:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「相談レベルをあげる」です。

次のブログ記事は「掃除も計画もボトムアップも初体験な環境整備プログラム2日目」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ