お金の匂いを嗅ぎ分ける

今日ある会社様からプレゼン的な感じで1つのご提案を頂いた。
業界が近い感じの提案だったが、どうも私にはしっくりこない。
なぜだろうと考えていると
途中から気がついた。
それは今回頂いたご提案はよくも悪くもお金の匂いがしないのだ。
お金の匂い=儲かるビジネスになりそうな雰囲気が漂ってこない。

お金の匂いということで言うと4年前くらい、まだ事業が定まりかけくらいの頃

「お金の匂いがする人」

という評判を聞いてその人に近づいたことがあった。
確かにお金を稼いでいる雰囲気はあったなあと思う反面
その次のビジネスではきっかけをつかめていないなと
いうことも感じた。

4年前と比べると私も少しはお金の匂いを漂わせることができているのかな
と思う所と、逆になんとなくお金の匂いを嗅ぎ分けることができてきている
のかなと思う時がある。

そう、よくも悪くもお金の匂いがしないと頭が動かないし
体が動かないし意思決定につながらない。

多分更に上位のお金の匂いを嗅ぎ分けるスキルはあるだろうと思う。
今のところはそれはどんな匂いなのか、はたまた匂いではなく
音かもしれないし、感覚かもしれないし、味覚かもしれないが。

商売人である限り、営利法人の代表である限り、お金の雰囲気に関して
敏感でありたいと思う。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1104

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2013年5月28日 23:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「対面コミュニケーション、改めて大切にします。」です。

次のブログ記事は「見定める結果を決めれば結果はついてくる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ