せっかくなら違いがわかる行動で

| コメント(0) | トラックバック(0)
パリに来てます。
駅を降りた途端、すごい活気です。
ジュネーブの穏やかさと言ったら表現がきれいすぎますが
パリのリヨン駅と比べると閑散として寂しい街に感じました。

そしてサンジェリジェ通り、凱旋門、さらに中々日が落ちないので
一気にブランド街まで歩きまわりました。
ブランド街は歩こうと思ったわけではなく近辺を散策していたら
辿り着いちゃったんです(言い訳)。

なんでこんな良い場所にホテルが有るんだ!

って歓喜の声をあげるくらい良い場所かもしれません。

海外進出するという夢があります。
進出する前にビジネスと同じで条件をまず考えようと思いながら
色んな国に行かせてもらってます。

最初の条件は
・物価が安く
・税率が安く
・・・・・

と考えていましたが最近は

・ワクワクする
・かっこ良い

テンションについて考えています。
そういう意味ではスイスよりもパリのほうが確実に
ワクワクします。

そもそもジュネーブは若い人がいませんでした。
本当にいません。
それと比べるとパリジェンヌの素晴らしいこと!
といってもlook onlyですが。

気づきとしては

海外に行くときは複数の国をまたぐのが正解

じゃないかです。
またぐと違いがよくわかります。

違いがわかるような行動を心がけたいです。

よし!やるだけ!




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1093

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2013年5月17日 05:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「見えるかどうか離れてみる」です。

次のブログ記事は「異文化コミュニケーションは国が違う時だけじゃない。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ